アーキペラゴを探して

デニム、ヴィンテージ、旅、レビューのブログ

リゾルト714はどうなのか?【大戦モデル】711・LVC1944との比較(感想・レビュー)

この記事は、リゾルトの大戦モデルとして発売されたリゾルト714の感想・レビューです。(とりあえず、速報というかたちの感想・レビューで、個人的に関心がある部分の比較をしています。) 目次 リゾルト714を買った理由 リゾルト714とリゾルト711の比較 リ…

リバースウィーブとリーバイス501のコーデ(着画)

数年前から、チャンピオンのリバースウィーブが売れ行きが好調で、古着市場での価格も上がってきています。(2024年時点では多少落ち着きました。) リーバイスの古着を買う人の一定層は、だいたいチャンピオンの古着も買っているようなところがありますが、…

リーバイス LVC507XX セカンド / 復刻とオリジナルのサイズ感・エイジング

リーバイスのセカンド(507XX)は、ファーストよりもデザインされたとは言え、ベースがワークウエアであるため、サイジングが難しいところがあります。 この記事では、507XX ファーストについて、LVCとオリジナルの506XXのサイズ感やエイジングレポートを紹介…

デッドストックブルーの色落ち・エイジング / ウエアハウス DSB 1947モデル

ウエアハウスのデニムの色落ちは、試したことがなかったので、デッドストックブルー(DSB)のLot 1001XX(1000XX)1947モデルを色落ちさせてみることにしました。 この記事では、を題材に、ウエアハウス デッドストックブルーの色落ち・エイジングを紹介していま…

ビーン トートの考察集 / LL.bean(感想・レビュー)

ビーン トート(LL.beanのトートバッグ)について、個人的に関心があるテーマについて書いた考察集です。 目次 ビーントートのスモールサイズ リモワのスーツケースとビーン トート デラックストートが高騰していた サイドタグのビーントート ヘルメットバッグ…

リーバイス LVC506XX ファースト / 復刻とオリジナルのサイズ感・エイジング

リーバイスのファースト(506XX)やセカンド(507XX)は、もともとは作業着としてつくられたために、ジーンズよりサイジングが難しいところがあります。 特に、ファーストの古着は高価になってしまい、個体差もあることから、現在は、サイズやシルエットを細かく…

ポーター ヘルメットバッグと米軍実物の違い / 3rd・4thの年代別見分け方

この記事では、ポーター(吉田カバン)のタンカーシリーズのヘルメットバッグとポーターのヘルメットバッグがデザイン参照した米軍実物の3rd・4thモデルとの違いを紹介しています。 また、記事の後半で、米軍実物ヘルメットバッグの3rd・4thについて、年代別の…

リーバイスのデニムジャケットとM51・M65 フィールドパンツのコーデ

リーバイスのデニムジャケットとM51・M65フィールドパンツ(カーゴパンツ・軍パン)のコーデを紹介します。 基本的には、リーバイス501を履いていますが、はからずしも、体重が増えてしまった時などは、M-51やM-65を履いています。 目次 リーバイス501とM-51…

リーバイス LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ち / 感想・レビュー

この記事では、リジッドから履きこんだリーバイス LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ちや感想・レビューを紹介しています。 目次 LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ち 6ヶ月履いた状態 このモデルの感想・レビュー このモデルの関連記事 LVC…

リーバイス501リジッドからの履きこみ・色落ちレポート / LVC47501・55501・66501・米国流通モデル

現在、4本のリーバイス501をリジッドから同時並行で履きこんでいます。(※2021年は合計8本) 内訳は、LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)が3本と現行の米国流通モデルが1本になります。 4本同時に履きこむため、色落ちやエイジングの進展はゆっく…

リーバイス501のLVC1947モデルが逸品すぎる / セットアップとリジッドの縮み率

1947モデルのセットアップです。リーバイス501の1947モデルは、戦争が終わり、501のスタイルが完成したモデルであり、数ある501モデルの中でも象徴的な位置づけとなっています。 また、リーバイスのフラッグシップラインであるLVC(リーバイス・ビンテージ・…

リーバイス フォースの見分け方・探し方【高騰と枯渇化】70505の年代分類

リーバイスのフォースは、数年前までは、ビッグEでも捨て値で売られていましたが、最近は数万でもよく売れていると聞きます。 サードとフォースのLVCを買っていない理由としては、オリジナルの古着の方が安かったということがありますが、現在はサードは古着…

ヴィンテージ・リバースウィーブの考察集(感想・レビュー)

チャンピオンのリバースウィーブについて、個人的に関心があるテーマについて書いた考察集です。レギュラー、復刻の内容もありますが、主にヴィンテージ・リバースウィーブについての考察になります。 目次 80s前半と80s後半のトリコYALE 50年代初期のタタキ…

現行品のリーバイスLVC501はどうなのか・カイハラ生地のエイジングレポート / 1944・1966・1976・MADE IN THE USA

現行のLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)の501はどうなのかという問題に対しては、ジーンズは履いてみないと分からないという考えを持っているため、実際に履いて確かめることにした。 ホワイトオークの最終に近いLVCを1947と1955と1966の3本履いて…

ヴィンテージ ラコステの世界 / 70年代から90年代のフレラコ L1212をレビュー

ラコステのポロシャツは、基本的には、肌に直接着るものだけに、リーバイス以上に、ひとつひとつの個体と向き合わざるを得ないことがあります。 フレラコと呼ばれるフランス製ラコステのポロシャツの中でも、ヴィンテージ フレラコL1212は、主にサイズなど、…

フランス製ラコステはヴィンテージなのか 【年代別 タグの見方】フレラコのポロシャツ L1212  

この記事では、主に、フレラコと呼ばれるフランス製ラコステ ポロシャツの考察や L1212のタグの見方を年代別に紹介しています。 目次 フレラコのポロシャツはヴィンテージなのか フランス製ラコステの年代別 タグの見方 70年代初期頃 下赤文字 70年代中期頃 …

旧ドゥニームXX(ダブルエックス)の感想・レビュー / 色落ちと生デニムの洗い方とメンテナンス

旧ドゥニームの代表モデルが30周年特別企画として復刻されるということなので、18年前に買った旧ドゥニームXX(ダブルエックス)をレビューしてみたいと思う。 レプリカという表現が適切かどうか分からないが、レプリカのレプリカがつくられるという面白いケ…

君たちはどう生きるかは宮崎監督の最高傑作か

風立ちぬが宮崎監督の引退作品と思っていましたので、当初は、君たちはどう生きるかを観るつもりはありませんでした。 ネットの感想が目に入り、よく分からなかったという内容が幾つかあったため、自分で観てみないと、分からないなと思い観ることにしました…

ジャングルファティーグの考察集(感想・レビュー)

ジャングルファティーグについて、個人的に関心があるテーマについて書いた考察集です。ジャングルファティーグは、かなり高騰していましたが、最近は、かなり落ち着いてきた感じもするので、狙っていた方は、そろそろチェックしていってもいいのではないか…

ロレックスとAppleウォッチのどちらを買うべきか / Apple Watch Series 8のステンレスモデル

ロレックスとアップルウォッチのどちらを買うべきかという問いに対して、個人的な考えを述べてみたい。 目次 ロレックスとAppleウォッチ アップルウォッチ購入時に検討したこと 材質はアルミかステンレスか カラーはシルバーかグラファイトか ケースサイズは…

本場アメリカ人がリーバイス501に萌えるポイント10選 / MADE IN THE USAモデルから考察

現在、LVCをリジッドから6本履いていて、その他に、米国流通モデルとMADE IN THE USA 501の計8本を同時に履いています。 色落ちの比較というよりも、M-65を時々履く程度で、基本的に501しか履かないということが大きいです。 現在販売されているアメリカ製50…

最初に履きたいジーンズTOP5【2022年版】厳選おすすめデニム

最初に履きたいジーンズTOP5を紹介します。 これからデニムパンツを本格的に履いてみようかなという方向けの内容になります。 1位~3位は、裾上げしないで履けるジーンズ、4~5位は、状況に応じて裾上げして履くジーンズという条件で選んでいます。 どのくら…

リーバイス501【LVC】1947/1955/1954/1966のシルエットとインプレッション(感想・レビュー)

リーバイスにデニム生地を供給してきたコーンデニム社のホワイトオーク工場が2017年12月末で閉鎖されるということで、ホワイトオークLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)を買うことにしました。 同等クオリティのLVCは今後も出ると予想していますが…

Amazon ミュージック アンリミテッドを3倍活用する方法 / 4ヶ月無料

最近、Amazon ミュージック アンリミテッド(Amazon Music Unlimited)がかなり充実してきたと感じています。 現在、3ヶ月か4ヶ月無料のオファーが出ています。 Amazon Music Unlimited - 3~4ヶ月無料 Amazonミュージックアンリミテッドは、スマホやパソコン…

東京マリオットホテルの宿泊はどうなのか / フレンチトーストが絶品(感想・レビュー)

マイルがあまっていたので、帰省した時に、東京マリオットホテルに泊まってみた。 このエントリーは、東京マリオットホテルの宿泊はどうなのかという気づいたままの感想・レビューになります。 目次 マリオットバーガー 部屋 フレンチトースト マリオットバ…

現在人気のあるリーバイスとチャンピオンのヴィンテージ・厳選古着【2021年版】

現在、SNS等で人気のあるリーバイスとチャンピオンのヴィンテージと厳選古着を紹介します。(随時、更新中) 楽天のショップで販売している商品を事例としていますので、詳細を見ると相場観も分かります。 目次 リーバイスのヴィンテージ・厳選古着 40's 506…

ネットでヴィンテージ古着を探す方法【チェックポイントと注意点】リーバイスとチャンピオン

ネットでヴィンテージ古着を探す方法を紹介します。主にリーバイスとチャンピオンになります。 1980年代から、古着屋さんに行って、リーバイスとチャンピオンのユーズドを買ってきましたが、最近は、ネットで買うことが多いです。 欲しいモデルを探すので、…

白Tシャツ お気に入りTOP5【2021年後期版】おすすめランキング

少し季節外れになりましたが、2021年後期の白Tシャツ お気に入りTOP5をランキング形式で紹介します。 目次 1位:ヘインズ ビーフィー Tシャツ H5180 2位:チャンピオン T1011 3位:ウエアハウス 4601 4位:リーバイス LVC 1950SスポーツウェアTシャツ 5…

リーバイス501 最初のセルビッジデニムはどれを選ぶか / MADE IN THE USA リジッド

リーバイス501には、米国流通モデルと言われるレギュラーやLVCと言われるリーバイスビンテージクロージングなど、たくさんのモデルが販売されています。 そうしたモデルには、セルビッジという旧式の織機でおられた生地のモデルがあります。 このエントリー…

リーバイスのサードとフォースにあわせたいLVC501 / 557XXと70505の各モデルも比較

リーバイスのサードとフォースは、現在でも入手しやすいとあって、ヴィンテージを持っている方は、比較的多いのではないかと思います。 ヴィンテージのサードやフォースに、ヴィンテージの501をあわせてもよいのですが、LVC501をあわせると、日常的に着れま…