アーキペラゴを探して

デニム、ライフスタイル、旅、建築、レビューのブログ

現行品のリーバイスLVC501はどうなのか・カイハラ生地のエイジングレポート / 1944・1966・1976・MADE IN THE USA

現行のLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)の501はどうなのかという問題に対しては、ジーンズは履いてみないと分からないという考えを持っているため、実際に履いて確かめることにした。

ホワイトオークの最終に近いLVCを1947と1955と1966の3本履いてみたが、これについては、リジッドから履いて、実日数で4ヶ月ぐらい履いたところで、真価らしきものが感じられた。

再現性はどうかということではなく、ジーンズとしてのクオリティは相当高いと思った。

それで、現行品のカイハラ生地のLVCはどうなのかということになるのだが、結論から言ってしまうと、現行品の1944モデルはかなりいいと思う。

これも再現性はどうということではなく、ジーンズとしてのクオリティだ。はじめは薄い生地に感じるが、履いているうちに厚みと風合いがでてくるホワイトオークに迫る生地となっている。ただ、ホワイトオークとカイハラではテイストは違う。

他のモデルは、1966と1976を履いているが、これは履き続けてみないと分からない。

なぜかと言うと、履き始めから、生地がタフで、分厚く感じるからだ。

というわけで、現行品のリーバイスLVC501の色落ちやエイジングを定期的に、この記事でレポートしたいと思う。

目次

 

エイジングをレポートする現行LVC501

色落ち等のエイジングをレポートする現行のLVC501は、1944モデル(44501)・1966モデル(66501)・1976モデル(76501)の3本と、MADE IN THE USAのセルビッジモデル。

4本を並べた写真。

色落ちレポートする現行LVC501 1

写真では、分かりにくいかもしれないが、4本を並べた時に、1976モデルの色目がかなり明るい。1966モデルも、76モデルほどではないが、明るめである。

同モデルのホワイトオークと比べても明るいので、 1966モデルとか1976モデルは、ホワイトオークとは、ディレクションが変わっていることが分かる。

 

フロント部分。

色落ちレポートする現行LVC501 2

リーバイスのリジッドから履いたものを並べると、けっこうな圧がある。

44モデルは、ホワイトオークのようなシワの入り方をするが、66モデルと76モデルは、生地がタフなので、動脈のように太いシワが入る。

色もホワイトオークに比べて落ちやすいのではないかと思う。

 

カイハラは、まだ、履き始めなので、この4本を履きこんでいく必要があるのだが、現在、リジッドから履いているものが10本程度あり、進行がなかなか進まないことが問題点である。

(これは、ジーンズ、特にリジッドが好きな人は誰でもかかえている問題ではないかと思う。)

 

リジッド状態でのシルエットと印象

1944モデル、1966モデル、1976モデルのリジッド状態のシルエットと初見の印象は、こちらの記事で紹介。 

archipelago.mayuhama.com

 

LVC501 1944モデルのエイジング

まず、LVC501 1944モデル。

セットアップから履きこみ1週間程度の状態。この1944モデルは、ホワイトオークの1947モデルと1955モデルと同様、家事履きはせず、わりとていねいに履いていくつもり。

LVC501 1944モデル(履きこみ7日目)  

LVC501 1944モデル(W33×L32)の色落ち 1

映りにくい天気に撮ってはいるが、まだ何の色落ちもない状態。

大戦モデルなので、トップは月桂樹、小股は無地のドーナツボタン。

 

後ろ。 

LVC501 1944モデル(W33×L32)の色落ち 2

 アーキュエイトステッチがペンキなので、他のモデルのようには目立たない。

  

LVC501 1944モデル(履きこみ2週間)

LVC501 1944モデル(W33×L32)の色落ち 3

2週間程度履くと、ヒゲの部分がうっすらと擦れてきたが、まだ、色落ちは始まっていない状態。

着用した状態。

LVC501 1944モデル(W33×L32)の色落ち 4

余計なシワは取れてなじんできた状態。裾もすれはじめた状態。

  

LVC501 1944モデル(履きこみ1ヶ月目)

LVC501 1944モデル(履きこみ1ヶ月目)1

ヒゲが微妙に育ってきている段階。

 

後ろ面。

LVC501 1944モデル(履きこみ1ヶ月目)2

バックポケットにアタリが多少ついてきた。

 

LVCの大戦復刻は、通常の大戦復刻とは逆に、生地を薄くする方向でディレクションしているが、そのメリットが出てきた。

LVC501 1944モデル(履きこみ1ヶ月目)3

生地が薄いため、深いシワがビシビシに入るのだ。

 

膝裏も同様である。

LVC501 1944モデル(履きこみ1ヶ月目)4

このまま履き続けたら、はちの巣が入るだろうと思われる。

 

LVC501 1944モデル(履きこみ3ヶ月目)

 リジッドから履きこんで3ヶ月ぐらいの状態です。ワンサイズ下のリジッド(ホワイトオーク)と比べています。 

LVC501 1944モデル(履きこみ3ヶ月目)1

 1ヶ月目とそんなに変わらない感じですが、生地に落ち着きは出てきました。

色目は直射日光にあたってしまいましたので、黒味が少なくなり、青みが強くなってきました。

インディゴは空気と光と空気中の水分に触れると青みが強くなる性質を持っています。

 

フロント部です。

LVC501 1944モデル(履きこみ3ヶ月目)2

 ヒゲは育ってきている段階です。

 

膝裏です。

LVC501 1944モデル(履きこみ3ヶ月目)3

 はちの巣はいい感じで育ってきています。

 

 裾です。

LVC501 1944モデル(履きこみ3ヶ月目)4

 ブルガリア縫製のオリジナルのステッチです。ローピング(斜めのパッカリング)しないことからユニオンスペシャルでのステッチでないことが分かります。(ホワイトオークもユニオンスペシャルではないです。)

ストレートですがアタリはついてきています。

 

 後ろです。

LVC501 1944モデル(履きこみ3ヶ月目)5

 気持ちペンキステッチが薄くなって、いい感じになっています。

 

LVC501 1944モデル(履きこみ4ヶ月目)← NEW

LVCの生地は、ぶ厚くはないので夏でも余裕で履けて、真夏に1ヶ月ほど履きこんでみた。(LVCは日本の気候でも一年中履けるのでサスティナブル)

LVC501 1944モデル(履きこみ4ヶ月目)1

上は、00年代のLVC1944モデル(日本製)。

色落ち的には、3ヶ月目よりもシャープにヒゲが入ってきた感じ。

1955モデルのように濃淡ある色落ちではないが、リーバイスの人たちは、1944モデルの復刻については、股上の長さを活かしたフロント部分の段状ヒゲにポイントを置いているのではないかと思う。

 

LVC501 1944モデル(履きこみ4ヶ月目)2

はちの巣についても、面状に形成されつつある。

 

LVC501 1944モデル(履きこみ4ヶ月目)3

バックは、隠しリベットの部分がダメージとなり、当たる部分の色が落ち始めている。

 

ただ、カイハラ生地の場合、糊を落としきらないと、生地が完全にシュリンクしてこないという性質があり、このまま履き続けるか、一度、ワンウォッシュかけるか悩ましい状態となっている。

 

 ↓LVC1944モデル

LEVI'S® VINTAGE CLOTHING 1944モデル 501 RIGID - リーバイス公式ストア

 

楽天でも売っています。

1944年大戦モデル【LVC】 リーバイス 501XX / 生デニム 1944WW2 MODEL●裾上げ加工無料●ジーンズ保証 【送料無料】- 楽天市場

 

LVCの1944モデルのレビューはこちらの記事。  

archipelago.mayuhama.com

 

LVC501 1966モデルの色落ち

LVCの66モデルは、ホワイトオークに続いて2回目。

LVC501 1966モデル(履きこみ3日目)

LVC501 1966モデル(W33×L32)の色落ち 1

 水通し後の余計なシワがまだ残っている感じ。

ホワイトオークよりもしっかりした生地だと思う。色は明るめ。

 

後ろ。

LVC501 1966モデル(W33×L32)の色落ち 2

 後ろも乾燥後の余計なシワが残っている感じ。

 

 このモデルを着用。 

LVC501 1966モデル(W33×L32)の色落ち 3

まだ余計なシワが残っているが、テーパーのラインが何となくでているのが分かる。

 

LVC501 1966モデル(履きこみ7日目)

LVC501 1966モデル(W33×L32)の色落ち 4

1966モデルは、履きこみ1週間程度で、ヒゲのあたりがうっすらとすれてきた。

どこかに当たって擦れてしまったのかもしれないが、他のモデルと比べて進行が早く感じる。

 

LVC501 1966モデル(履きこみ1ヶ月目)←NEW

LVC501 1966モデル(履きこみ1ヶ月目)1

ヒゲは順調に育ってきている。

ヒゲがはちの巣形状で入ったがキープできるかは分からない。

 

LVC501 1966モデル(履きこみ1ヶ月目)2

1966モデルなので、ヒゲのコントラストはナチュラルな傾向。

 

 

LVC501 1966モデル(履きこみ1ヶ月目)3

膝裏のはちの巣は、生地が厚めなので1944や1947ほどにはビシッと入らないだろう。

 

LVC501 1966モデル(履きこみ1ヶ月目)4

水通しだけでは、巻縫い部分にパッカリングは入らない。

 

LVC501 1966モデル(履きこみ1ヶ月目)5

裾は折り返さずにクッションさせて履くことが多いので、裾付近にもシワが入っている。

 

ホワイトオークとカイハラでは、ダブルネームのディレクションは違っていて、カイハラの方はダブルネーム特有のグラマラスな感じにフォーカスしている。

個人的には、カイハラの1966は気に入っていて、わりと丁寧に履いている。

 

  ↓LVC1966モデル

LEVI'SR VINTAGE CLOTHING 1966モデル 501R JEANS RIGID

 

楽天でも売っています。

1966年モデル【LVC】 リーバイス 501XX / 生デニム 1966 MODEL●裾上げ加工無料●ジーンズ保証 【送料無料】- 楽天市場

 

LVCの1966モデルのレビューはこちらの記事。   

archipelago.mayuhama.com

 

LVC501 1976モデルのエイジング

いわゆる66前期。古着では一番履いたモデル。

LVC501 1976モデル(履きこみ3日目)

LVC501 1976モデル(W33×L32)の色落ち 1

カイハラの1976モデルは、色が明るい。66モデル同様、ホワイトオークよりしっかりした感じがする。

 

 後ろ。

LVC501 1976モデル(W33×L32)の色落ち 2

 後ろはかっこいいのではないかと思う。やはり色目は明るい。

 

 このモデルを着用。 

LVC501 1976モデル(W33×L32)の色落ち 3

 66前期らしいシルエットが出ているだろうか。

 

66前期は一番履いたモデルであるが、カイハラの1976モデルについては、もう少し履いてからレビューは書きたいと思う。

再現性は別にして、ホワイトオークの47、55、66とカイハラの44モデルはこうつくりたかったんだろうなというのがすぐに理解できて、カイハラの66モデルもギリギリ理解できた。

カイハラの76モデルは、コーデがもっと今風なんだろうと思う。そのため、ファーストやセカンドにあわすとおかしなことになる。

その辺の理解になりますね。

 

ホワイトオークの76モデルは、リジッドからおろしてなくても理解できた。

ビームス40周年モデルというストーリーがあったために、理解しやすかったということはある。

archipelago.mayuhama.com

 

 カイハラの76モデルには、別のストーリーがあるということなんだろう。

  

LVC501 1976モデル(履きこみ7日目)

LVC501 1976モデル(W33×L32)の色落ち 4

1976モデルは、1週間程度では、色落ちの進行は確認できない。

毛羽立ちが目立つ感じなので、通常の色落ちの考え方とは少し変えた方がいいのだろう。

 

LVC501 1976モデル(履きこみ1ヶ月目)

LVC501 1976モデル(履きこみ1ヶ月目)1

1976モデルは66前期の復刻ということになるが、66前期はもともと、縦落ちするということで、根強い人気があったモデルなので、個人的には、特にヒゲとかはちの巣とかはそれほど気にしていない。

 

LVC501 1976モデル(履きこみ1ヶ月目)2

実際、カイハラの1976モデルは、66前期のボリューム感にフォーカスしたディレクションをしているので、ヒゲもはちの巣も入りにくい。

 

LVC501 1976モデル(履きこみ1ヶ月目)3

ティアオフタグは少し取れかかってきた。

米国流通モデルだと、この管理タグ部分ははさみで切り取ってしまうが、LVCの場合は、レビューということもあり、そのまま履いている。

ビームス40周年記念モデルでもあるホワイトオークの1976モデルと、カイハラの1976モデルはかなり色味が違う。

このぐらい青さが実際に近い。

ホワイトオークもカイハラも毛羽立ちは多めである。

 

 

LVC501 1976モデル(履きこみ1ヶ月目)4

66前期は、40年代から50年代のリーバイスと違って、80年代から依然としてリーバイスの最もディープな領域に留まり続けている。

逆の見方もできて、66前期があることで、その後の501というモデルの連続性がうまくつなげている。

というようなことはあるが、理屈抜きに66前期は履いていて楽しいモデルである。


これは復刻の1976モデルにも言えて、ワンサイズアップ以上をベルトでしめて、ロールアップすると、きれいなテーパードストレートとなるので、何にあわせてもスッキリした感じになる。

反対に、ウエスト位置を落として、ロールアップしないで、ワンクッションで履いても、70年代っぽく履ける。

色んな履き方をしてしまうため、結局は、ヒゲやハチの巣が定着しないということがある。

 

LVCの1976モデルのリジッドからおろした時のレビューはこちらの記事。 

archipelago.mayuhama.com

  

MADE IN THE USA(W33×L32)のエイジング

ホワイトオーク以後のMADE IN THE USAもどんなものか気になったので、履いている。

基本はレギュラーなので、家事用にも履いている。

MADE IN THE USA(履きこみ7日目) 

MADE IN THE USA(W33×L32)の色落ち 1

 色はダーク。 意外と太いシルエット。

 

 後ろ。

MADE IN THE USA(W33×L32)の色落ち 2

 お尻まわりもかなり余裕がある。

 

 このモデルを着用。  

MADE IN THE USA(W33×L32)の色落ち 3

 色がホワイトオークの507XXと同系統なので、リジッド水通し直後はあわせてもそれほどおかしくないということがある。

 

MADE IN THE USA(履きこみ2週間程度) 

MADE IN THE USA(W33×L32)の色落ち 4

うっすらとヒゲが擦れてきた状態ではあるが、家事でラフに履いているため、最後までヒゲは残らないと予想している。

 

MADE IN THE USAのレビューはこちらの記事。   

リジッドからの水通しをLVCのような方法でやってしまったが、通常のレギュラーのようにもっと念入りにしてもよかったかなと思う。

archipelago.mayuhama.com

  

LVCの生地は、生ものに近いため、リジッドからのセットアップは、水通し3~4分で仕上げているが、レギュラーリジッドのセットアップは、最低1週間程度かけている。 

archipelago.mayuhama.com

 

 

 

関連記事  

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

  

archipelago.mayuhama.com

  

archipelago.mayuhama.com

  

archipelago.mayuhama.com

 

 

archipelago.mayuhama.com

   

archipelago.mayuhama.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク