アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

Gショックオリジンフルメタル第2弾がモロ好みだった / ええとこどりの異素材デザイン

GショックオリジナルのフルメタルバージョンGMW-B5000がなかなか買えない状況が続いているわけですが、昨日アマゾンを見ていてある時計に釘付けになりました。 このモデルです。 出典:GMW-B5000-1JF - G-SHOCK - CASIO なんだこのモデルは! と思いました。…

ソニー wena wrist(ウェナリスト)2周年記念モデルが渋すぎる / ビームスコラボのソーラークロノグラフスマートウォッチ

7月26日に、ソニーのwena wrist(ウェナリスト)2周年記念モデルが発売されます。写真で見た感じでは、これが実にカッコいいんですね。 出典:wena × beams|wena wrist 2周年記念モデルは、ビームスとのコラボモデルになりますが、ビームスコラボはこれまでデ…

ユニクロと無印良品の王道ポロシャツを徹底比較 / ドライカノコとオーガニックコットン鹿の子をラルフローレンとレビュー

ユニクロも無印良品も多くのポロシャツを出していますが、ラルフローレンやラコステ、フレッドペリーといった伝統的なポロシャツの延長線上にある王道的アイテムは限られるのではないかと思います。 このエントリーでは、ユニクロと無印良品のスタンダードで…

モンブランのおすすめ万年筆を紹介しようと思う / マイスターシュテュック、ボエム、スターウォーカー

最近は、ネットでもペリカンの方が人気が高いようなところがあり、むかしはいざしらずモンブランがメジャーとは言えないケースも出てきているのではないかと思います。 個人的には、ボールペンはパーカーのジョッターを使っていますが、万年筆はモンブランを…

ユニクロのスリムフィットダメージジーンズが最強である7つの理由【2018年版】

ユニクロのジーンズは絶えずアップデートされている。 最近、ユニクロのスリムフィットダメージジーンズを店舗でチェックしてびっくりした。以前より格段に進歩していたのだ。 このエントリーでは、ユニクロのスリムフィットダメージジーンズが最強であると…

ZOZOスーツで計測して頼んだTシャツとジーンズが微妙だった件【ZOZOSUITの感想・レビュー】

ゾゾスーツで計測して頼んだTシャツとジーンズ(デニム)が届きました。 このような立派な箱でZOZOオリジナルのTシャツとジーンズは届きます。早速レビューしてみましょう。 目次 ZOZOTシャツのサイズ感に違和感はなかった ZOZOジーンズの丈はかなり短かった…

はじめてのリーバイス501 / おすすめのLEVI'S 501・501DAYリミテッドエディションもチェック

リーバイス501はわかりやすい面とわかりにくい面があります。 わかりやすい面というのはすべてのジーンズのオリジナルであり原点であるという点ですね。わかりにくい面というのは、リーバイス501自体がひとつのジャンルとなっていて、その全体的な分類やカテ…

ポロシャツのベストの着丈を検証 / ユニクロと無印良品のポロシャツもチェック【クールビズ】

ポロシャツの着丈に頭を悩ませる人は多いのではないかと思います。ポロシャツの重要問題は、着丈につきると言っていいかもしれません。 最近話題のZOZOSUITでもポロシャツのベストの着丈を即答するのは難しいと思います。 カジュアルに着るポロシャツの着丈…

ユニクロ2018春夏ベストバイ / 白シャツ・白Tシャツ・デニムジャケット・ジーンズ編

ユニクロの2018春夏物のベストバイを紹介します。着回し率の高い白シャツ、白Tシャツ・デニムジャケット・ジーンズの定番的アイテムになります。 目次 ユニクロの白シャツ2018春夏ベストバイ 白シャツ関連記事 ユニクロの白Tシャツ2018春夏ベストバイ 白Tシ…

ユニクロのスリムフィットジーンズの正統性を論じようと思う / パンクと1980sとリーバイス501CTの考現学

ワイドパンツがかすかに流行の兆しを見せるなかで、スキニーでもなく、レギュラーフィットでもなく、スリムフィットを論じてみたいと思う。 なぜスリムフィットなのか? それはパンクロックやエドウィンのロンドンスリムや1980年代のリーバイス501のカスタマ…