アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

リーバイス501をリジッド(生デニム)から履いてみた / サイズ選びとセットアップ方法

リーバイス501米国流通モデルをリジッド(生デニム)から履いてジャストフィットさせてみたいと思います。 リジッドから履くのは、数年ぶりなので、初心に帰ってしっかり履きこんでみたいと思います。 このエントリーでは、リーバイス501の最もスタンダード…

Amazonでの買物はギフト券チャージがお得【最大2.5%】今なら初回は1000pもらえる

Amazonでの購入はAmzonギフト券にチャージしてから買うのがお得です。 チャージすることで、最大2.5%ポイントもらえます。もらったポイントはアマゾンでの購入で使えます。 今なら初回限定で、5000円以上のチャージで1000Pもらえるキャンペーンも開催中です…

POPEYE、Pen、Begin、ライトニング、2ndなどのファッション系雑誌が読み放題【30日間無料体験】Amazonキンドルアンリミテッド

Amazonキンドルアンリミテッドは雑誌が、定額で読み放題のサービスです。 30日間は無料体験期間となっています。無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません。 Amazon Kindle Unlimited【30日間無料体験】 POPEYE、Pen、Begin、ライトニング、2ndなどのフ…

Amazon ミュージック アンリミテッドを3倍活用する方法 【30日間無料体験キャンペーン】音楽聴き放題

最近、Amazon ミュージック アンリミテッド(Music Unlimited)の周辺環境がかなり充実してきたなと感じています。 現在、30日間無料体験のオファーがでています。期間中はいつでもキャンセルできます。 Amazon Music Unlimited | 30日間無料体験キャンペーン …

ニューバランスのベストレングスはシュータン上1インチ空きは本当なのか / M1300JP3とリーバイス501で検証

2019年に、ニューバランスが美しく見えるパンツということで、WTT(ウエスト トゥ トゥ)が発売されたわけなんですが、その時に、シュータン上1インチ空きが最も美しく見えるという見解も開陳されたんですね。 この記事では、この見解が本当なのかを、レング…

リーバイス501リジッドからの履きこみ・色落ちレポート / LVC47501・55501・66501・米国流通モデル

現在、4本のリーバイス501をリジッドから同時並行で履きこんでいます。 内訳は、LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)が3本と現行の米国流通モデルが1本になります。 4本同時に履きこむため、色落ちやエイジングの進展はゆっくりとしたものですが、…

リーバイスLVC501の66前期復刻をリジッドから履いてみた / 激戦区の1976モデル

このブログでは、LVC501各モデルのレビューをしてきているわけなんですが、これまで紹介してきたモデルは、よくできていると思います。 特に、ホワイトオークの工場閉鎖前のラストモデルについては、LVCの完成モデルと言っていいと思います。 ホワイトオーク…

ユニクロユー2020SSは結局どうなのか / おっさんが見たUniqlo U(感想・レビュー・コーデ)

ユニクロユー2020SSが、2月21日に発売された。 このブログで、ユニクロのレビューを書き始めたのが、2015年の8月。 丁度、ユニクロ離れが起きている時期で、これはいかんと書き始めたのがきっかけだ。 それがこちらの記事。 ミニマリストが愛してやまないノ…

現行品のリーバイスLVC501はどうなのか・カイハラ生地のエイジングレポート / 44501・66501・76501・MADE IN THE USA

現行品のリーバイス・ビンテージ・クロージング(LVC)の501はどうなのかという問題に対しては、ジーンズは履いてみないと分からないという考えを持っているため、実際に履いて確かめることにした。 ホワイトオークの最終に近いLVCを47と55と66の3本履いてみた…

リーバイス501 LVC1966モデルをリジッドから履いてみた / ダブルネームとは

LVCのリーバイス501 1966モデルをリジッドから履くのは、2回目になる。 1回目は、ホワイトオーク生地のロットをウエスト2インチアップして、現在も履いている。 今回は、現行のカイハラ生地のロットをジャスト~1インチアップで履こうと思う。 2度目になるの…

リーバイス501XXのウエストサイズ別のシルエットの違いを比較 / 1950年代のギャラ入りダブルエックス

リーバイス501を履き始めて、35年以上になるが、ジーンズは履いてみないとよく分からないということがある。 そのため、リーバイスのタブがついていれば、生地の生産国や縫製の製造国に関わらず、色々なモデルを履いてみたいと思う。 それと同時に、ディテー…