アーキペラゴを探して

デニム、ライフスタイル、旅、建築、レビューのブログ

リーバイス501をリジッド(生デニム)から履いてみた / サイズ選びとセットアップ方法

リーバイス501米国流通モデルをリジッド(生デニム)から履いてジャストフィットさせてみたいと思います。 リジッドから履くのは、数年ぶりなので、初心に帰ってしっかり履きこんでみたいと思います。 このエントリーでは、リーバイス501の最もスタンダード…

リーバイスのデニムジャケットとM51・M65のコーデ

リーバイスのデニムジャケットとM51・M65のコーデを紹介します。 基本的には、リーバイス501を履いていますが、はからずしも、体重が激増してしまった時などは、M-51やM-65を履いています。 目次 リーバイス501とM-51・M-65 ファースト506XXとM-51のコーデ …

現行品のリーバイスLVC501はどうなのか・カイハラ生地のエイジングレポート / 1944・1966・1976・MADE IN THE USA

現行のLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)の501はどうなのかという問題に対しては、ジーンズは履いてみないと分からないという考えを持っているため、実際に履いて確かめることにした。 ホワイトオークの最終に近いLVCを1947と1955と1966の3本履いて…

最初に履きたいジーンズTOP5【2022年版】厳選おすすめデニム

最初に履きたいジーンズTOP5を紹介します。 これからデニムパンツを本格的に履いてみようかなという方向けの内容になります。 1位~3位は、裾上げしないで履けるジーンズ、4~5位は、状況に応じて裾上げして履くジーンズという条件で選んでいます。 どのくら…

リーバイス501リジッドからの履きこみ・色落ちレポート / LVC47501・55501・66501・米国流通モデル

現在、4本のリーバイス501をリジッドから同時並行で履きこんでいます。(※2021年は合計8本) 内訳は、LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)が3本と現行の米国流通モデルが1本になります。 4本同時に履きこむため、色落ちやエイジングの進展はゆっく…

リーバイス501のLVC1947モデルが逸品すぎる / セットアップとリジッドの縮み率

1947モデルのセットアップです。リーバイス501の1947モデルは、戦争が終わり、501のスタイルが完成したモデルであり、数ある501モデルの中でも象徴的な位置づけとなっています。 また、リーバイスのフラッグシップラインであるLVC(リーバイス・ビンテージ・…

リーバイス501【LVC】1947/1955/1954/1966のシルエットとインプレッション(感想・レビュー)

リーバイスにデニム生地を供給してきたコーンデニム社のホワイトオーク工場が2017年12月末で閉鎖されるということで、ホワイトオークLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)を買うことにしました。 同等クオリティのLVCは今後も出ると予想していますが…

リーバイス フォースの見分け方・探し方【高騰と枯渇が進行?】70505の年代分類

リーバイスのフォースは、数年前までは、ビッグEでも捨て値で売られていましたが、最近は数万でもよく売れていると聞きます。 サードとフォースのLVCを買っていない理由としては、オリジナルの古着の方が安かったということがありますが、現在はサードは古着…

Amazon ミュージック アンリミテッドを3倍活用する方法 / 4ヶ月無料

最近、Amazon ミュージック アンリミテッド(Amazon Music Unlimited)がかなり充実してきたと感じています。 現在、3ヶ月か4ヶ月無料のオファーが出ています。 Amazon Music Unlimited - 3~4ヶ月無料 Amazonミュージックアンリミテッドは、スマホやパソコン…

リバースウィーブとリーバイス501のコーデを実例で検証 / チャンピオンの単色タグ・トリコ・刺繍

最近、チャンピオンのリバースウィーブが売れ行きが好調で、古着市場の価格も上がってきているという。 リーバイスの古着を買う人の一定層は、だいたいチャンピオンの古着も買っているようなところがあるが、リバースウィーブには、デニム以外のパンツがあわ…

東京マリオットホテルの宿泊はどうなのか / フレンチトーストが絶品(感想・レビュー)

マイルがあまっていたので、帰省した時に、東京マリオットホテルに泊まってみた。 このエントリーは、東京マリオットホテルの宿泊はどうなのかという気づいたままの感想・レビューになります。 目次 マリオットバーガー 部屋 フレンチトースト マリオットバ…