アーキペラゴを探して

デニム、ライフスタイル、旅、建築、レビューのブログ

Amazon ミュージック アンリミテッドが今なら新規登録で500P+3か月無料(1/10まで)

最近、Amazon ミュージック アンリミテッド(Music Unlimited)がかなり充実してきたなと感じています。 現在、期間限定で、新規登録で500P+3ヶ月無料のオファーがでています。(2022/1/10まで) まず、新規登録で500Pもらえるかの確認です。 キャンペーンペー…

現行品のリーバイスLVC501はどうなのか・カイハラ生地のエイジングレポート / 1944・1966・1976・MADE IN THE USA

現行のLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)の501はどうなのかという問題に対しては、ジーンズは履いてみないと分からないという考えを持っているため、実際に履いて確かめることにした。 ホワイトオークの最終に近いLVCを1947と1955と1966の3本履いて…

リバースウィーブとリーバイス501のコーデを実例で検証 / チャンピオンの単色タグ・トリコ・刺繍

最近、チャンピオンのリバースウィーブが売れ行きが好調で、古着市場の価格も上がってきているという。 リーバイスの古着を買う人の一定層は、だいたいチャンピオンの古着も買っているようなところがあるが、リバースウィーブには、デニム以外のパンツがあわ…

リーバイス501リジッドからの履きこみ・色落ちレポート / LVC47501・55501・66501・米国流通モデル

現在、4本のリーバイス501をリジッドから同時並行で履きこんでいます。(※2021年は合計8本) 内訳は、LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)が3本と現行の米国流通モデルが1本になります。 4本同時に履きこむため、色落ちやエイジングの進展はゆっく…

白Tシャツ お気に入りTOP5【2021年後期版】おすすめランキング

少し季節外れになりましたが、2021年後期の白Tシャツ お気に入りTOP5をランキング形式で紹介します。 目次 1位:ヘインズ ビーフィー Tシャツ H5180 2位:チャンピオン T1011 3位:ウエアハウス 4601 4位:リーバイス LVC 1950SスポーツウェアTシャツ 5…

リーバイス501のLVC1947モデルが逸品すぎる / セットアップとリジッドの縮み率

1947モデルのセットアップです。リーバイス501の1947モデルは、戦争が終わり、501のスタイルが完成したモデルであり、数ある501モデルの中でも象徴的な位置づけとなっています。 また、リーバイスのフラッグシップラインであるLVC(リーバイス・ビンテージ・…

リーバイス501【LVC】1947/1955/1954/1966のシルエットとインプレッション(感想・レビュー)

リーバイスにデニム生地を供給してきたコーンデニム社のホワイトオーク工場が2017年12月末で閉鎖されるということで、ホワイトオークLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)を買うことにしました。 同等クオリティのLVCは今後も出ると予想していますが…

リーバイス LVC506XX ファースト復刻のサイズ感とエイジングレポート

リーバイスのファースト(506XX)とかセカンド(507XX)は、もともとは作業着としてつくられたために、ジーンズよりサイジングが難しいところがあります。 また、特にファーストの古着は高価で、個体差もあり、通常は、サイズやシルエットを細かく分析するほど集…

リーバイス501 最初のセルビッジデニムはどれを選ぶか / MADE IN THE USA リジッド

リーバイス501には、米国流通モデルと言われるレギュラーやLVCと言われるリーバイスビンテージクロージングなど、たくさんのモデルが販売されています。 そうしたモデルには、セルビッジという旧式の織機でおられた生地のモデルがあります。 このエントリー…

リーバイスのサードとフォースにあわせたいLVC501 / 557XXと70505の各モデルも比較

リーバイスのサードとフォースは、現在でも入手しやすいとあって、ヴィンテージを持っている方は、比較的多いのではないかと思います。 ヴィンテージのサードやフォースに、ヴィンテージの501をあわせてもよいのですが、LVC501をあわせると、日常的に着れま…