アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

リーバイス506XXファーストと1930年代の501XXのセットアップを検証する【LVC】

リーバイスのサードをベースにしたデニムジャケットは、デザインが洗練されていることもあり、いろんなコーデを楽しむことができます。 しかし、ファーストとかセカンドになりますと、もともとは、501の上着としてつくられたものであり、カジュアルなアイテ…

ハミルトンが真のアメリカンクラシックを体現した腕時計であること / 1950年代のベンチュラ  

アメリカのヴィンテージウェアや靴でコーデしても、腕時計だけはロレックスなんてパターンはけっこうあります。確かに、リーバイスにロレックスをはめたくなるという誘惑はあるのですが、あえて否定はしませんが考えどころではあります。 じゃあ、アメリカの…

ユニクロユー2018秋冬のおすすめ(感想・レビュー)/ 新作の見どころとルメールコラボふり返り

本日、9月12日、ユニクロユー2018秋冬新作が発売されました。 いつもは数日してから店舗に出かけますので、欲しいアイテムが売り切れていたりします。 今回は、初日から行って、欲しいアイテムをゲットしてきました。 このエントリーでは、ユニクロユー2018A…

パタゴニアを宇宙船地球号の乗組員におすすめする3つの理由

宇宙船地球号というのは、地球をひとつの閉じた系として例えたバックミンスター・フラーが提唱した世界観。 フラーによると、地球の住人は全員、宇宙船地球号の乗組員ということになっちゃうんですが、その乗組員には、パタゴニアをおすすめしたいと思う。 …

リーバイス501【LVC】1947/1955/1954/1966のシルエットとインプレッション(感想・レビュー)

リーバイスにデニム生地を供給してきたコーンデニム社のホワイトオーク工場が2017年12月末で閉鎖されるということで、ホワイトオークLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)を買うことにしました。 同等クオリティのLVCは今後も出ると予想していますが…

ユニクロ×イネスを骨格ストレートにオススメする3つの理由 / 2018秋冬コレクション

8月31日にユニクロとイネスの秋冬新作コラボ が発売されます。 今回もメンズがなくて残念ですが、キッズが新たに加わっています。 ユニクロ|イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2018年 秋冬コレクション ユニクロ×イネスの注目点は、骨格ストレート体型にもぴっ…

リーバイス501をリジッド(生デニム)から履いてみた / サイズ選びとセットアップ方法

リーバイス501米国流通モデルをリジッド(生デニム)から履いてみたいと思います。 リジッドから履くのは、数年ぶりなので、初心に帰ってしっかり履きこんでみたいと思います。 このエントリーでは、リーバイス501の最もスタンダードな型番である米国流通モ…

レオナルドの受胎告知に誰もがパーフェクトだと言った / フィレンツェで見るべき絵画4選

フィレンツェで見るべき絵画4選を紹介します。(前置きが長くなってしまったので、目次から本題にショートカットできます。) 目次 フィレンツェで見るべき絵画4選 フラ・アンジェリコ「受胎告知」(サン・マルコ美術館) フィリッポ・リッピ「聖母子と二…

セイコーとシチズンのダイバーズウオッチ最新モデルが渋好みでカッコいいのではないか

10万円以下のいい時計って少ないよなーと、クーラーの効いた量販店を歩いていますと、クラシックな感じのダイバーズウォッチが目に飛び込んできました。 最初に気づいたのは、シチズンのダイバーズウォッチでしたが、セイコーはどうなんだと見てみますと、こ…

ユニクロが究極の白シャツを完成していた件 / スーパーノンアイロンシャツ・スリムフィット

2018年の夏は、ユニクロや無印良品や ZOZOのオックスフォードシャツをあれやこれやとチェックしていました。 いずれもグッドクオリティで好きな白シャツと言えるんですけど、現在、着たい白シャツとは少し違っていました。 2018年の感覚には何かが足りなかっ…