アーキペラゴを探して

デニム、ヴィンテージ、旅、レビューのブログ

リーバイス501をリジッド(生デニム)から履いてみた / サイズ選びとセットアップ方法

リーバイス501米国流通モデルをリジッド(生デニム)から履いてジャストフィットさせてみたいと思います。 リジッドから履くのは、数年ぶりなので、初心に帰ってしっかり履きこんでみたいと思います。 このエントリーでは、リーバイス501の最もスタンダード…

リバースウィーブとリーバイス501のコーデ(着画)

数年前から、チャンピオンのリバースウィーブが売れ行きが好調で、古着市場での価格も上がってきています。(2024年時点では多少落ち着きました。) リーバイスの古着を買う人の一定層は、だいたいチャンピオンの古着も買っているようなところがありますが、…

ビーン トートの考察集 / LL.bean(感想・レビュー)

ビーン トート(LL.beanのトートバッグ)について、個人的に関心があるテーマについて書いた考察集です。 目次 ビーントートのスモールサイズ リモワのスーツケースとビーン トート デラックストートが高騰していた ヘルメットバッグとビーントートの大きさ比…

リーバイス LVC506XX ファースト / 復刻とオリジナルのサイズ感・エイジング

リーバイスのファースト(506XX)やセカンド(507XX)は、もともとは作業着としてつくられたために、ジーンズよりサイジングが難しいところがあります。 特に、ファーストの古着は高価になってしまい、個体差もあることから、現在は、サイズやシルエットを細かく…

ポーター ヘルメットバッグと米軍実物の違い / 3rd・4thの年代別見分け方

この記事では、ポーター(吉田カバン)のタンカーシリーズのヘルメットバッグとポーターのヘルメットバッグがデザイン参照した米軍実物の3rd・4thモデルとの違いを紹介しています。 また、記事の後半で、米軍実物ヘルメットバッグの3rd・4thについて、年代別の…

リーバイスのデニムジャケットとM51・M65 フィールドパンツのコーデ

リーバイスのデニムジャケットとM51・M65フィールドパンツ(カーゴパンツ・軍パン)のコーデを紹介します。 基本的には、リーバイス501を履いていますが、はからずしも、体重が増えてしまった時などは、M-51やM-65を履いています。 目次 リーバイス501とM-51…

リーバイス LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ち / 感想・レビュー

この記事では、リジッドから履きこんだリーバイス LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ちや感想・レビューを紹介しています。 目次 LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ち 6ヶ月履いた状態 このモデルの感想・レビュー このモデルの関連記事 LVC…

リゾルト714はどうなのか?【大戦モデル】711・LVC1944との比較(感想・レビュー)

この記事は、リゾルトの大戦モデルとして発売されたリゾルト714の感想・レビューです。(とりあえず、速報というかたちの感想・レビューで、個人的に関心がある部分の比較をしています。) 目次 リゾルト714を買った理由 リゾルト714とリゾルト711の比較 リ…

リーバイス501リジッドからの履きこみ・色落ちレポート / LVC47501・55501・66501・米国流通モデル

現在、4本のリーバイス501をリジッドから同時並行で履きこんでいます。(※2021年は合計8本) 内訳は、LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)が3本と現行の米国流通モデルが1本になります。 4本同時に履きこむため、色落ちやエイジングの進展はゆっく…

リーバイス501のLVC1947モデルが逸品すぎる / セットアップとリジッドの縮み率

1947モデルのセットアップです。リーバイス501の1947モデルは、戦争が終わり、501のスタイルが完成したモデルであり、数ある501モデルの中でも象徴的な位置づけとなっています。 また、リーバイスのフラッグシップラインであるLVC(リーバイス・ビンテージ・…

リーバイス フォースの見分け方・探し方【高騰と枯渇化】70505の年代分類

リーバイスのフォースは、数年前までは、ビッグEでも捨て値で売られていましたが、最近は数万でもよく売れていると聞きます。 サードとフォースのLVCを買っていない理由としては、オリジナルの古着の方が安かったということがありますが、現在はサードは古着…