アーキペラゴを探して

デニム、ヴィンテージ、旅、レビューのブログ

リーバイス501 66モデルとリゾルト710の違い / 実物比較

以前に、旧ドゥニームのXXタイプを買ったことがありましたが、最近、ジャパンデニムの66モデルはどうなのかということも気になってきました。 66モデルの代表的なジャパンデニムと言えばリゾルト710になるため、今回、購入してみました。 この記事では、リー…

ウエアハウスのデッドストックブルー大戦モデルをリジッドから着てみた / DSB-S2000XX

基本的には、リーバイスLVCを買っていますが、大戦モデルのジャケットについては、通常サイズがいくら待っても発売される気配がないため、他のメーカーで買うことにしました。 すでに利用しているデニム専用洗剤とTシャツが気に入ったことから、ウエアハウス…

リーバイス LVC506XX ファースト復刻のワンウォッシュ後の縮み寸法 / 現行カイハラ生地モデル)(レポート)

リーバイス LVC506XX ファースト復刻 現行カイハラ生地モデルのワンウォッシュ後の縮み寸法のレポートになります。 リジッドから水通しだけで、2ヶ月着用しましたが、生地が縮んで詰まってくる感じが全然しないため、ワンウォッシュで生地を縮めることにしま…

リーバイスLVC506XXと507XXのセットアップに合わせるLVC501はどのモデルか

最近は、LVCはやはりセットアップで着た時に、LVCの特徴が出るのではないかと考えていまして、セットアップで着ることが多いです。 また、LVCの場合、各モデルがセットアップ用としては、売られていないため、自分でモデルを選んで組みあわす必要があり、選…

LVC S506XXEデニムジャケットキャンペーンのおすすめリジッド501

12月1日までに、対象のLVCリジッド501を買うと、S506XXEの抽選券がもらえるキャンペーンが開催中です。 当たるのは、ロットナンバー1から6までの6着になります。 この記事では、このS506XXEデニムジャケットキャンペーンをチェックして、おすすめのリジッド5…

リーバイス LVC507XX セカンド / 復刻とオリジナルのサイズ感・エイジング

リーバイスのセカンド(507XX)は、もともとは作業着としてつくられたために、ジーンズよりサイジングが難しいところがあります。 このエントリーでは、リーバイスの復刻ラインであるLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)の507XX復刻のサイズ感とエイジ…

リーバイス501 LVC1966モデルの6ヶ月目の色落ちとファーストウォッシュ

リーバイス501 LVC1966モデル(ホワイトオーク生地)の6ヶ月目の色落ちとファーストウォッシュのレポートです。 目次 LVC1966モデルの6ヶ月目の色落ち ファーストウォッシュの方法 ウエアハウスの専用洗剤で汚れを浮かす 洗濯機ですすぎ25分程度 ファースト…

リーバイス・ビンテージ・クロージング 各モデル別のレビューまとめ / LVC比較など

リーバイス501やファースト、セカンド復刻といったリーバイス・ビンテージ・クロージング(LVC)の主要モデルの比較やレビューのまとめです。 44、47、55、66、76、506XX、507XXといった主要モデルとトピックごとに整理したインデックス的な内容になります。(…

リーバイス501XXダブルエックスと旧ドゥニームXXタイプの色落ちの違い / 実物比較

リーバイス501XXダブルエックスと旧ドゥニームXXタイプの色落ちの違いをチェックしてみたいと思います。 ダブルエックスは両面・革パッチの53年モデル、旧ドゥニームは1~2年着用した状態。 目次 ダブルエックスと旧ドゥニームの全体比較 リーバイス501XX53…

ニューバランスのベストレングスはシュータン上1インチ空きは本当なのか / M1300JP3とリーバイス501で検証

2019年に、ニューバランスが美しく見えるパンツということで、WTT(ウエスト トゥ トゥ)が発売されたわけなんですが、その時に、シュータン上1インチ空きが最も美しく見えるという見解も開陳されたんですね。 この記事では、この見解が本当なのかを、レング…

リーバイスLVC501の66前期復刻をリジッドから履いてみた / 激戦区の1976モデル

このブログでは、LVC501各モデルのレビューをしてきているわけなんですが、これまで紹介してきたモデルは、よくできていると思います。 特に、ホワイトオークの工場閉鎖前のラストモデルについては、LVCの完成モデルと言っていいと思います。 ホワイトオーク…

ユニクロユー2020SSは結局どうなのか / おっさんが見たUniqlo U(感想・レビュー・コーデ)

ユニクロユー2020SSが、2月21日に発売された。 このブログで、ユニクロのレビューを書き始めたのが、2015年の8月。 丁度、ユニクロ離れが起きている時期で、これはいかんと書き始めたのがきっかけだ。 それがこちらの記事。 ミニマリストが愛してやまないノ…

リーバイス501 LVC1966モデルをリジッドから履いてみた / ダブルネームとは

LVCのリーバイス501 1966モデルをリジッドから履くのは、2回目になる。 1回目は、ホワイトオーク生地のロットをウエスト2インチアップして、現在も履いている。 今回は、現行のカイハラ生地のロットをジャスト~1インチアップで履こうと思う。 2度目になるの…

リーバイス501XXのウエストサイズ別のシルエットの違いを比較 / 1950年代のギャラ入りダブルエックス

リーバイス501を履き始めて、35年以上になるが、ジーンズは履いてみないとよく分からないということがある。 そのため、リーバイスのタブがついていれば、生地の生産国や縫製の製造国に関わらず、色々なモデルを履いてみたいと思う。 それと同時に、ディテー…

今年買ってよかったものベスト5【2019版】リモワのスーツケースなど

2019年に買って良かったものベスト5です。 今年は、ライフスタイルに関わるものが多くランキング入りしました。ライフスタイルを少し見直してみようと思ったんですね。 では、今年買ってよかったものベスト5です。 目次 1位 リモワのスーツケース(機内持…

リーバイス501 LVC1944モデルをリジッドから履いてみた / カイハラの大戦復刻モデル(感想・レビュー)

LVCの1944大戦モデルは、リーバイスによって再現される生地に興味があります。 ヴィンテージの大戦モデルと比べてどうかというより、リーバイスがどのように復刻したかという視点になります。 リーバイスは、本物のアーカイブ(収集品)や仕様を持っていますの…

リーバイス506XX LVCを1サイズアップでリジッドから着てみた / カイハラのファースト復刻(感想・レビュー)

LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)では、現在、ホワイトオーク生地とカイハラ生地の両方の506XXファースト復刻が買える状態が続いています。 506XX LVCの個人的なサイズ感としては、36インチがジャストかやや小さめで、38インチだと1サイズアップに…

リーバイス Made & Crafted×ループウィラーのTシャツ・トラッカージャケット・スウェットの感想・レビュー

9月7日に、リーバイス メイド & クラフテッドとループウィラーのコラボが発売されました。 ループウィラーは、旧式の吊り編み機を使ってスウェットなどをつくっているメーカーですが、創立20周年ということでのコラボなんですね。 ループウィラーの公式サイ…

ユニクロ×エンジニアド ガーメンツ2019FW フリースコンビネーションジャケットはパタゴニアチューンドか(感想・レビュー)

10月12日に、ユニクロ×エンジニアド ガーメンツの2019FWとして、フリース製品が発売されたましたが、初日の閉店間際に行ってきました。 こちらがユニクロ ガーメンツの公式ページです。 UNIQLO and Engineered Garments 2019 フリースコレクション なんやか…

ユニクロユー2019FWはフリースシャツジャケット×クルーネック長袖Tの一択買い?(感想・レビュー・着こなし)#ユニクロU

ユニクロユーの2019秋冬が、9月30日に発売されました。 このブログでは、これまで、発売日最速でレビューしてきましたが、最近は遅れ気味です。 遅れ気味の理由としては、ユニクロユーのデザインが、最近は、若向けになっているんですね。アウター類のあの襟…

リーバイスLVC501カイハラのインプレッション【1944・1966・1976】ホワイトオークと比較してみて

2018年12月に、ホワイトオーク工場は閉鎖され、リーバイスLVCのホワイトオークモデルの生産は終了し、 だんだんとカイハラモデルに切り替わっています。 ホワイトオークはサイズがないものが多くなっていますが、現在は、ホワイトオークとカイハラの両方が買…

いま押さえておきたいリーバイス501【2018-19年版】厳選5選

2018年に5本のリーバイス501を履き始めました。リーバイス501という大きなくくりでは同じ型番ではありますが、製品意図や生産背景の違う別のモデルになります。 まだ履き始めたばかりですが、現在の段階でおすすめのリーバイス501を3ヶ月ほど履いてみた印…

ユニクロ×エンジニアド ガーメンツ・オーバーサイズポロシャツに最適なボトムスを検証

5月27日に、ユニクロ×エンジニアド ガーメンツのコラボポロシャツを買いに行きました。 店頭では、本命の白のオーバーサイズポロシャツXSが売っていないので、ネット注文して、その日、買った黒のオーバーサイズポロシャツSをレビューしました。 XSは、数日…

ユニクロ×エンジニアド ガーメンツのポロシャツを買ってみた。(感想・レビュー)

5月27日、ユニクロとエンジニアド ガーメンツのポロシャツが発売されました。 今回のコラボは、ニューヨークで活躍する日本人デザイナーとのコラボです。 公式のアナウンスページです。 ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツ 2019 ポロシャツコレクショ…

リーバイス501リジッドからの履きこみ・エイジングレポート速報版【2~3ヶ月後】LVC47501・55501・66501・米国流通モデル

リーバイス501をリジッドから履いて、実質2〜3ヶ月目の色落ちレポートになります。 米国流通モデルの1本とLVC3本を同時並行で履いていますので、履き始めた時期はもう少し前になりますが、毎日履いたと仮定しての目安的な日数になります。 このエントリーで…

ユニクロユー2019春夏おすすめ5選 / クルーネックT長袖、オーバーサイズクルーネックT、ミラノリブジャケット(感想・レビュー)

ユニクロユー2019SS(春夏)新作が、2月1日から発売されています。 こちらが公式の特設ページになります。 Uniqlo U(ユニクロユー)2019年春夏コレクション|UNIQLO ユニクロユーには定番的なアイテムもありますが、強調したスタイルを打ち出してくる場合も…

アマゾンミュージックとエコーのカップリングが昔のAV機器をリボーン / BOSEのWave music system IIIと30年前の101MMにつなぐ

アマゾンエコーは、単体で聴いてもそんなに悪い音ではないということがある。 むしろ臨場感のあるグッドサウンドであるかもしれない。 だが、アマゾンエコーを外部スピーカーにつないでみた。 アマゾンエコーには、昔のAV機器にもオーディオケーブルでつなげ…

今年買ってよかったものベスト5【2018版】アマゾンエコーアレクサ&プライムミュージック・アンリミテッドがベスト

2018年に買って良かったものベスト5です。 例年、リーバイス501がマイ・オールタイムベストなので、ランキングのエントリーを書いてもしょうがないところがあるんですが、今年は順位に大きな変動がありました。 スマートスピーカの台頭です。 では、今年買…

アマゾンエコー アレクサを買ってみた。Amazonミュージックは聞けたのか

アマゾンエコー アレクサを買ってみました。 グーグルでもこういうのを出しているのはTVのCMで知っていましたが、最近、アマゾンプライムミュージックに申し込んだばかりだったので、とりあえずアマゾンエコーにしました。 いずれグーグルホームは試すとして…

ユニクロのヒートテックの寿命の見極め方 / 製造年をタグで見る方法(リサイクルで1着200円分もらえる)

ヒートテックを毎年買い足していきますと、知らず知らずのうちに増えてしまいます。 なかには古いものもあって、明らかに寿命だなと思えるヒートテックがあります。 しかし、まだ使えるのではないかと思って、なかなか断捨離できないのが実情ではないかと思…