アーキペラゴを探して

デニム、ヴィンテージ、旅、レビューのブログ

2024-01-01から1年間の記事一覧

フランス製ラコステはヴィンテージなのか 【年代別 タグの見方】フレラコのポロシャツ L1212  

この記事では、主に、フレラコと呼ばれるフランス製ラコステ ポロシャツの考察や L1212のタグの見方を年代別に紹介しています。 目次 フレラコのポロシャツはヴィンテージなのか フランス製ラコステの年代別 タグの見方 70年代初期頃 下赤文字 70年代中期頃 …

リゾルト714の色落ちレポート / リーバイス501 66前期・ビッグEとの比較

リゾルト714とリーバイス501 66前期・ビッグEの色落ち比較を紹介します。 リゾルトの色落ちはメーカーが高頻度で発信しているわけですが、その色落ちを見て、リーバイスユーザーが普段しているような履き方をすれば、ヴィンテージのリーバイスと同じような色…

デッドストックブルーの色落ち・エイジング / ウエアハウス DSB 1947モデル

ウエアハウスのデニムの色落ちは、試したことがなかったので、デッドストックブルー(DSB)のLot 1001XX(1000XX)1947モデルを色落ちさせてみることにしました。 この記事では、を題材に、ウエアハウス デッドストックブルーの色落ち・エイジングを紹介していま…

リゾルト714はどうなのか?【大戦モデル】711・LVC1944との比較(感想・レビュー)

この記事は、リゾルトの大戦モデルとして発売されたリゾルト714の感想・レビューです。(とりあえず、速報というかたちの感想・レビューで、個人的に関心がある部分の比較をしています。) 目次 リゾルト714を買った理由 リゾルト714とリゾルト711の比較 リ…

リバースウィーブとリーバイス501のコーデ(着画)

数年前から、チャンピオンのリバースウィーブが売れ行きが好調で、古着市場での価格も上がってきています。(2024年時点では多少落ち着きました。) リーバイスの古着を買う人の一定層は、だいたいチャンピオンの古着も買っているようなところがありますが、…

リーバイス LVC507XX セカンド / 復刻とオリジナルのサイズ感・エイジング

リーバイスのセカンド(507XX)は、ファーストよりもデザインされたとは言え、ベースがワークウエアであるため、サイジングが難しいところがあります。 この記事では、507XX ファーストについて、LVCとオリジナルの506XXのサイズ感やエイジングレポートを紹介…

ビーン トートの考察集 / LL.bean(感想・レビュー)

ビーン トート(LL.beanのトートバッグ)について、個人的に関心があるテーマについて書いた考察集です。 目次 ビーントートのスモールサイズ リモワのスーツケースとビーン トート デラックストートが高騰していた サイドタグのビーントート ヘルメットバッグ…

リーバイス LVC506XX ファースト / 復刻とオリジナルのサイズ感・エイジング

リーバイスのファースト(506XX)やセカンド(507XX)は、もともとは作業着としてつくられたために、ジーンズよりサイジングが難しいところがあります。 特に、ファーストの古着は高価になってしまい、個体差もあることから、現在は、サイズやシルエットを細かく…

ポーター ヘルメットバッグと米軍実物の違い / 3rd・4thの年代別見分け方

この記事では、ポーター(吉田カバン)のタンカーシリーズのヘルメットバッグとポーターのヘルメットバッグがデザイン参照した米軍実物の3rd・4thモデルとの違いを紹介しています。 また、記事の後半で、米軍実物ヘルメットバッグの3rd・4thについて、年代別の…

リーバイスのデニムジャケットとM51・M65 フィールドパンツのコーデ

リーバイスのデニムジャケットとM51・M65フィールドパンツ(カーゴパンツ・軍パン)のコーデを紹介します。 基本的には、リーバイス501を履いていますが、はからずしも、体重が増えてしまった時などは、M-51やM-65を履いています。 目次 リーバイス501とM-51…

リーバイス LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ち / 感想・レビュー

この記事では、リジッドから履きこんだリーバイス LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ちや感想・レビューを紹介しています。 目次 LVC501XX 1955モデル ホワイトオークの色落ち 6ヶ月履いた状態 このモデルの感想・レビュー このモデルの関連記事 LVC…

リーバイス501リジッドからの履きこみ・色落ちレポート / LVC47501・55501・66501・米国流通モデル

現在、4本のリーバイス501をリジッドから同時並行で履きこんでいます。(※2021年は合計8本) 内訳は、LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)が3本と現行の米国流通モデルが1本になります。 4本同時に履きこむため、色落ちやエイジングの進展はゆっく…