アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

Gショックオリジンフルメタル第2弾がモロ好みだった / ええとこどりの異素材デザイン

GショックオリジナルのフルメタルバージョンGMW-B5000がなかなか買えない状況が続いているわけですが、昨日アマゾンを見ていてある時計に釘付けになりました。

このモデルです。

GMW-B5000-1JF - G-SHOCK - CASIO

出典:GMW-B5000-1JF - G-SHOCK - CASIO

なんだこのモデルは! と思いました。

誰かがフルメタルを入手して自分の好みにカスタマイズしてアマゾンで販売しているのか!と思いました。しかも文字盤までブラックに改造している…
大胆すぎるアレンジにワナワナしながら商品ページをよく読んでみますと、フルメタルの第2弾として発売されたGショックのようでした。

最近はチープカシオを重点的にチェックしていたためにGショック情報を見落としてしまいました。

完全にチェック漏れです。
かなり出遅れた感じはしますが、この時計はモロ好みだったので、少しチェックしてみたいと思います。

目次

 

GMW-B5000第2弾のデザインをチェック

 ヘッド部分の性能は第1弾のGMW-B5000と同じようですのでデザイン面を主にチェックしましょう。

 

メタルのヘッドとウレタンベルトとの異素材デザイン

GMW-B5000-1JF

出典:GMW-B5000-1JF - 製品情報 - G-SHOCK - CASIO

まず、目を引くのがメタルのヘッドと樹脂のベルトという異素材の組み合わせです。
シルバーのヘッドと黒の樹脂ベルトは往年のウブロのデザインを思い起こさせます。

しかも、この樹脂のベルトは個人的にも愛用しているGW-5000-1FJのウレタンベルトなんです。
ウレタンベルトは、通常のGショックの樹脂ベルトよりもソフトで柔らかく毎日しても違和感を感じない優れた仕様なんです。

 

ヘッド部分はフルメタルと同じですが、黒い液晶に換えています。文字盤を黒にすることでかないスタイリッシュに仕上がっています。

フルメタルGショック第1弾についての記事です。 

archipelago.mayuhama.com

 

フルメタル第2弾は、ファーストモデルのステンレスヘッドに黒い文字盤にウレタンベルトというGショック愛好家の好みをつきすぎるモデルに仕上がっていたのです。


こういうのを関西弁では「ええとこどり eetokodori」と言うのですが、これをええとこどりと言わずに何をええとこどりと言うのだろうという感じです。

フルメタルは定価6万円ですが、ウレタンベルトは定価5万円というのもうれしいです。
当然品薄なわけですが、アマゾンでもプレミアののせがマイルドになっています。 

G-SHOCK GMW-B5000-1JF - Amazon

 

 

 

ウブロのクラシックとビッグ・バン のふり返り

もう少しこの時計のデザイン面を検証してみましょう。なぜこれがかっこいいかですね。

異素材のデザインといえばウブロですよね。 

ウブロ クラシック

ウブロ クラシック

 出典:ウブロ/公式サイト - Hublot

ウブロのファーストモデルはゴールドのコンビのヘッドですが、1980年にこのシリーズが発表された時にシルバーメタルのヘッドとラバーのベルトの組み合わせが鮮烈な印象を与えました。1990年もこの系統のデザインでしたが、2000年になるとこの手のデザインは一般的になります。

 ちなみウブロは船窓がモチーフですが、オーデマピゲのロイヤルオークは潜水服のヘルメットです。デザインに天才時計デザイナー・ジェンタの影響があるのではということも言われています。

 

ウブロ ビッグ・バン

オメガでボンドモデルを仕掛けたあとのジャン-クロード・ビバーが2004年にウブロにやってきてウブロをゴリゴリにいじりはじめます。

ウブロ ビッグ・バン

出典:ウブロ/公式サイト - Hublot

2005年に現在の代表的モデルであるビッグバンを発売し、メジャーなブランドになります。異素材の組み合わせをさらに発展させ、カーボンなどの新素材も複雑にフュージョンさせています。初期のシンプルさは消え複雑なメカニズムを表現レベルにまで高めています。

現在の異素材の組み合わせデザインは、ビッグバンの影響が大きいですが、1980年の最初のモデルのシンプルな組み合わせは今見ても新鮮です。

今回発売されたGショックオリジンフルメタル第2弾は、1980年代にウブロが見せたような現在のデザインではやや無骨なところもある異素材のシンプルな組み合わせを行っています。

フルメタル第2弾にはブリコラージュ的な新鮮さ

デザイン表現的には1980年からのウブロ的な経緯があるんですが、今回のGショックは、フルメタルのヘッドがすでにできあがって、ウレタンのバンドもすでにあって、これとこれを組み合わせたらかっこいいんじゃないか的にラフに組み合わせた感じがするんですね。

そこに1980年のウブロが最初のモデルでみせたような新鮮さと驚きを感じたんですね。

 

 

 

 関連記事 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク