アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

【特報】GショックのアイコンDW-5000のステンレス製フルメタルモデルGMW-B5000発売

スポンサーリンク

Gショックの特報です。
Gショックの原点でありアイコンであるDW-5000のステンレス製フルメタルモデルが4月13日に発売されます。 

GMW-B5000

出典:GMW-B5000 - G-SHOCK - CASIO

これはかっこいいですね。腕時計の新定番となりそうな感じです。

 

型番は、GMW-B5000となっていますので、ファーストモデルの5000を継承しています。
人気を決定づけた後継のDW-5600系のデザインではなくよりオリジナルのデザインをフルメタル化しています。


個人的にもGW-5000を10年以上使っていますので、どのようにフルメタル化されたのか、現在、発表されている情報をもとに事前レビューしてみたいと思います。

目次

 

フルメタル化デザインのチェック

まず、フルモデルモデルととこれまでの5000系のデザインを見比べてみましょう。

GMW-B5000と名機GW-5000とのデザイン比較

GMW-B5000

 

左が今回発売されるフルメタルモデルで、右が個人的に10年以上使って1秒も狂うことなくびくともしないGW-5000です。

GW-5000は、後継機のDW-5600のデザインをベースにしていますので、フェイスの上下のPRPTECTIONとG-SHOCKの文字の部分が少し出っ張っています。

フルメタルモデルはファーストモデルをベースにしていますので、表面はフラットです。

記念すべきファーストモデルのDW-5000Cも見てみましょう。

GMW-B5000は原点DW-5000Cのデザインを継承

 

GMW-B5000

出典:DW-5000C-1A   G-SHOCK - CASIO

 フルメタルモデルの外観は、初号機とほぼ同じデザインで再現されています。

 

ファーストモデルのデザインを継承したことで、フラットなフェイスとなり金属の質感にマッチして新鮮な印象を与えることに成功しています。

GMW-B5000

出典:GMW-B5000 - G-SHOCK - CASIO

 

ケース裏も見てみましょう。

ケース裏は所有欲を満足させるスクリューバック

GMW-B5000

ケース裏は、DW-5000Cではなく、GW-5000で採用されたスクリューバック仕様にしています。時計好きも納得するディテールです。スクリューバックには、DLC(Diamond-Like Carbon)コーティングをほどこす徹底ぶりです。人の肌に直接接するケース裏が時計のウイークポイントでもあるんですね。

右側のGW-5000も完全に傑作時計の域に達していますので、おさえておきたい1品です。白のオックスフォードシャツには一番よく似合う時計です。

 G-SHOCK GW-5000-1JF - Amazon

 

では、Gショックの肝である耐衝撃性をメタルでどのように実現しているのでしょうか。

 

GMW-B5000

出典:GMW-B5000 - G-SHOCK - CASIO

ベゼルとケースの間に、レジンの緩衝材を挟んでいるようです。

ベルトを取り付けるラグ部も通常の2本足ではなく、3本足となっており、ブレスレットの耐衝撃性も考え抜かれたディテールになっています。

 

後は、ステンレスブレスレットのバックル部分(クラスプ)を見てみたいところです。

 プレゼン動画にちらっと出てきます。

youtu.be

 シンプルな感じですね。

カシオの特設サイトです。

GMW-B5000 - G-SHOCK - CASIO

 

このステンレスモデルは、フルメタルジャケットになっただけでなく、電子化も図られています。

 

 

 

GMW-B5000電子化のチェック

 現在のGショックの5000系モデルは電波時計ですが、電波時計は場所によって正確な電波を受信できないという課題があります。

Gショックオリジン初のオールタイム・プレシジョン

このフルメタルモデルで、通常の電波時計に加えて、Bluetooth搭載によるスマホリンクでの時刻修正システムに対応しています。

新型のGショックで採用されている仕様ですね。これで、Gショックオリジンもいる場所に関わらず、いつでも正確な時間となります。

 

G-SHOCK Connectedという専用アプリをスマホにインストールすることで機能します。 

GMW-B5000

出典:GMW-B5000 - G-SHOCK - CASIO

このG-SHOCK Connectedには、他にもワールドタイム都市設定やリマインダー機能などがあります。

もちろん、ソーラーシステムで電池交換不要です。

 

GMW-B5000

出典:GMW-B5000 - G-SHOCK - CASIO

 最新のフィルムソーラーに視野角の広いSTN液晶の採用です。液晶部がかなり見やすくなったわけです。暗部で使用するバックライトもかなり見やすくなっています。

使いこんでいて確かに弱いなと思った部分がかゆい所に手が届くように改善されています。かなりのヘビーユーザーが開発に関わっている感じです。

 

価格は税抜きで60,000円です。80,000万円ぐらいするかなと思いましたがかなりおさえてきました。同時に限定個数で発売されるゴールドモデルは70,000円になります。

やはり、ファッションにあわせやすいノーマルのシルバーモデルがおすすめです。

 

4月13日現在、アマゾンは品切れ中ですが、入荷未定でオーダーは受け付けている感じです。価格も割引です。

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック Bluetooth搭載 電波ソーラー GMW-B5000D-1JF メンズ

 

新定番の腕時計どれを選ぶ?

 ようやく新定番となりそうな時計が出そろった感じです。

1つ目は、言わずとしれたアップルウォッチ。2つ目は、ソニーのウエナ。

ソニーのウエナのデザインを細かく分析した記事になります。

archipelago.mayuhama.com

 

3つ目は、スマートウォッチではありませんが、新しいイメージで生まれ変わったステンレス製フルメタルのGショックオリジン。この3つの時計が新定番的な時計になるのではないかと思います。

 アップルウォッチかウエナを買うか迷っていましたが、ここにきて新型Gショックの登場でますます悩ましい選択になりそうです。

(追記)フルメタルモデルには第2弾がありました。

archipelago.mayuhama.com

 

 

 

 Gショックには、白シャツや白Tシャツがよく似合います。ユニクロと無印良品の白シャツ、白Tシャツの比較記事です。

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

トップページ

 

 

関連記事

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

  

トップページ

 

スポンサーリンク