アーキペラゴを探して

archipelago - 群島、島嶼、多島海、そのニュース。 脱領域への情報と考察



ユニクロ2017 暖パンの購入ポイント / 3つのタイプに注目

2017年、ユニクロの暖パンが3つのタイプにカテゴライズされ分かりやすくなりました。

暖パンには、ヒートテック、防風パンツ、それ以外(裏ボア等)の3つの種類があり、この3タイプの総称が「暖パン」ということになります。

 

暖パンはヒートテックとの併用を意識する

暖パンはズボン下なしでも履けますが、冬が本格的になりますと、ヒートテック(ズボン下)との併用が多くなりますので、暖パンの購入時は、ヒートテックとの組合せを意識した購入がポイントとなります。

暖パンを履いた場合は、経験的には、ノーマルのヒートテックとの併用で冬を越すことができると思います。風邪をひいた時やよほど寒い時に、極暖仕様を1枚持っておくぐらいの感じになりますね。(通常のスーツやチノパンで冬を通す場合には、極暖や超極暖ヒートテックの採用が視野に入ります。)

 

ユニクロ2017年の暖パンの3つのタイプを少し整理してみたいと思います。

 

目次

 

ヒートテック 暖パン

ヒートテック素材による暖パンです。ビジネスにも利用できるトラウザータイプとジーンズタイプがあります。

ヒートテックストレッチスリムフィットパンツ(ビジネス利用も可)

ヒートテックストレッチスリムフィットパンツ

出典:ヒートテックストレッチスリムフィットパンツ

ウールライクのパンツですので、一見してヒートテック素材とは分かりません。裏表とも単一の素材です。

スタイルはユニクロのメインのラインであるスリムフィット。しっかりと防寒対策したわりには見た目がすっきりしている印象になります。

ユニクロ|ヒートテックストレッチスリムフィットパンツ|MEN(メンズ)


ヒートテックスリムフィットジーンズ

ヒートテックスリムフィットジーンズ

出典:ユニクロ|ヒートテックスリムフィットジーンズ|MEN(メンズ)

ジーンズの下になにか履くことに抵抗があるユーザーに重宝されている感じですね。フィットしたジーンズの場合、確かにジーンズの下に何か履いていると気になります。

ヒートテックジーンズのカラーは、黒と通常のジーンズが2色で計3種あります。黒はビジネスでも使えるのではないかと思います。

ヒートテックジーンズで気をつけたいポイントは裾上げです。

 

ヒートテックジーンズ裾上げのこつ

ヒートテックジーンズ裾上げのこつ

出典:ヒートテックスリムフィットジーンズ|MEN(メンズ)

裏地が起毛した素材のため、折り返して履くと通常のジーンズでないことは何となく分かってしまいます。あまり気にならないと思いますが、それが気になる場合は、ジャストレングスで仕上げることが裾上げのポイントになります。

 

ジーンズの丈仕上げのパターン

ジーンズの丈仕上げのパターン

ユニクロの丈仕上げでは、レギュラー丈、アンクル丈、クロップド丈があります。冬は長めでも気になりませんので、レギュラー丈かアンクル丈で仕上げて、レギュラー丈で仕上げて長いなと感じた場合は、アクセントもかねて1インチ(2.5cm)ほど折り返して履くような感じかと思います。

また、ジーンズの場合、股上寸法の長さによって股下寸法の仕上げ寸法は微妙に変わってきますので、新しいタイプのジーンズを履く場合はお店で試着して調整してもらった方が安全です。同じタイプのジーンズを買う場合は股下寸法を指定するだけで良いです。

ユニクロ|ヒートテックスリムフィットジーンズ|MEN(メンズ)

 

ブロックテック(防風パンツ)暖パン

ブロックテックは防風シートをはさみこんだ仕様です。スリムフィットのチノパンとイージーパンツの2つがあります。少し前まで防風パンツと呼んでいた仕様です。今はブロックテックと防風の2つ呼び方が併用されています。

ブロックテックスリムフィットチノ(ビジネス利用も可)

ブロックテックスリムフィットチノ

出典:ブロックテックスリムフィットチノ|MEN(メンズ)

スタイルはスリムフィットになります。ヴィンテージチノのレギュラーフィットがあるとよいのですが、裾から風が侵入してブロックテックの効果がなくなるのかも知れませんね。2017年、股上が1cm長くなりましたので、多少履きやすくなっています。

黒、紺の定番色もありますので、ビジネスにも使えます。

ユニクロ|ブロックテックスリムフィットチノ

 

防風パンツも取り入れながら、1年中、ユニクロのチノパンを履く方法です。

archipelago.mayuhama.com

 

ブロックテックウォームイージーパンツ

ブロックテックウォームイージーパンツ

出典:ブロックテックウォームイージーパンツ

 パンツ全体はリップストップというコットンをナイロンで補強したような素材で撥水性、防水性に優れ登山にも使われるような素材です。足首部分を縛ることのできるアジャスター(ドローストリング機能)もついています。

裾上げしますと、このドローストリングごとカットしてしまいますので、オンラインでは、短い丈のサイズも用意しています。

通常丈(79~82cm)

ブロックテックウォームイージーパンツ(リップストップ・丈標準79~82cm)

短め丈(73cm)

ブロックテックウォームイージーパンツ(リップストップ・丈短め73cm)

 

 

 

その他 暖パン

 ブロックテックフリースパンツ

ブロックテックフリースパンツ

出典:ブロックテックフリースパンツ|MEN(メンズ)

防風シートをはさみこんだなジャージスタイルの簡易なフリースのパンツもあります。 

ユニクロ|ブロックテックフリースパンツ|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

 

ボアスウェットパンツ

ボアスウェットパンツ

 

出典:ボアスウェットパンツ|MEN(メンズ)

 裏側がボアになっているスウェットパンツです。

ユニクロ|ボアスウェットパンツ|MEN

おそろいのボアスウェットフルジップパーカもあります。 

ユニクロ|ボアスウェットフルジップパーカ(長袖)|MEN

 

以上が2017年の暖パンのメイン製品はこんなラインアップになります。

 

ユニクロ関連記事

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク