アーキペラゴを探して

archipelago - 群島、島嶼、多島海、そのニュース。 脱領域への情報と考察



僕がHUBでビールを飲む理由

長年の放蕩を続けた結果、幾つかの食物と酒類にアレルギーとなった。こういうことがなければ、HUBでビールを飲むこともなかっただろう。 

HUB 3/4パイント生ビール

HUBのドラフト3/4パイント。一番搾りらしい。英国風パブなので、ギネスなど違う種類もあるがあまりこだわらない。アルコールにこだわるのには飽きてしまった。

HUBは東京と大阪のどこにでもある感じがする。店舗数は、2017年5月で87店もあるらしい。ひとつの駅に複数ある場所もある。

英国風パブ HUB | 82ALE HOUSE

 

HUBは午後4時からオープンするので、5時ぐらいまでには店に入る。スポーツの放映をしている時でなければ、たいていは空いている。ほとんど立席に行く。3/4パイントのドラフトを飲みながら新聞を読んで帰る。

 

 小腹がすいている場合には、フィッシュ&チップスのハーフを頼む。 これで400円は安い。フードを頼んだ場合は、1/2のドラフトかジントニックを頼む。この時間帯だと、ジントニックはハッピーアワーの価格で飲める。少し得した感じがする。

HUB フィッシュ&チップス

時間が経つ程に、店は若者で混みはじめ、肌と肌が触れんばかりの混雑ぶりとなる。だから空いている時しか行かないのだ。

 

HUBでビールを飲む一番大きな理由は、キャッシュオンだ。カウンターで注文し、その場で支払う。フードを頼んだ場合は、番号札を目印に運んでくれる。

ショットバーだと、一杯というわけにはいかない。店の人と話したら最後、二杯、三杯と、アレルギーを忘れてグラスを重ねてしまう。酒談議は何よりも楽しいからだ。

その点HUBは、一杯だけ飲んでサクッと帰れるのがいいのだ。

 

だから、HUBの混雑ぶりは、伝聞だけで本当は知らない。フリッカーか何かで確認してみよう。  

BRITISH PUB HUB 横浜鶴屋町店・Yokomaka

ここはずいぶん渋い感じのする店舗だ。

 

HUB なんば戎橋店 - English-style pub HUB

 普通はこんな感じかもしれない。 

 

秋葉原のHubのビールカウンター

カウンターまわりは少し晴れがましい感じがするかな。

 

検索の仕方が悪いのか「晴れがましいビジュアル」はあまり見つからなかった。

午後4時をまわった、気持ちいいぐらいに空いているHUBで、良く冷えたビールを飲みながらこのエントリーを書いた。

 

 補足すべき点があるとすれば、メンバーズカードだ。入会金が500円必要だが、5%引きになる。3/4パイントのドラフトが530円なので、カードを見せると500円になる。わりきった金額になるのが気持ちいい。 これが大事だ。

メンバーズ | 英国風パブ HUB | 82ALE HOUSE

 

プレミアムフライデーに定着の兆しがあるらしい。ここはあまり関係がないかもしれない。毎日がエブリデイ、そんな感じがする。

3人に1人が参加 プレミアムフライデー、定着の兆し

 

スポンサーリンク