アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

リーバイス LVC506XX(ファースト)と507XX(セカンド)復刻のサイズ感とエイジングレポート

リーバイスのファースト(506XX)とかセカンド(507XX)は、もともとは作業着としてつくられたために、ジーンズよりサイジングが難しいところがあります。

また、特にファーストの古着は高価で、個体差もあり、通常は、サイズやシルエットを細かく分析するほど集められないということがあります。

そこで、デニムジャケットについては、ジーンズ以上に、復刻物のチェックや位置づけが重要になると考えています。

このエントリーでは、リーバイスの復刻ラインであるLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)の506XXと507XX復刻のサイズ感とエイジングレポートを紹介したいと思います。

目次

 

リーバイス LVC506XX復刻のサイズ感

LVCのファーストとセカンドは、36(XS)と38(S)のリジッドを揃えていますが、現在着ているのは、506XXが38のカイハラで、507XXが36のホワイトオークです。

身長170㎝程度、体重62㎏程度の状態で、36がジャストで、38がワンサイズアップという感じです。(現在の体重は69㎏あり、36はきつくなっています。)

どんなデニムでもある程度着てみないと分からないことがあり、506XXの36と507XXの38については、リジッドのまま置いてます。そのため、同サイズの古着のサイズを参考としてあげています。

リーバイス LVC506XX(38)のサイズ感 

リーバイス LVC506XX(38)のサイズ感 1

リーバイス LVC506XX(38)の水通し後のサイズは、肩幅47、身幅54、裾幅45、着丈58、袖丈59となります。

今後、洗濯をするともう少し縮むかもしれません。

 

このLVC506XXを着用した状態です。

リーバイス LVC506XX(38)のサイズ感 2

 38ですと、ワンサイズ上げているために、裾は折り返していますが、身幅は丁度です。

ただ、体重が7㎏オーバーしているために、ボディ部分の裾幅45㎝がきつく一番下のボタンを留めることができません。そのため、通常は真ん中ボタンをとめているため、ボタン側の身立て部分がまっすぐになっていません。

そのため、ツーサイズアップして、40の方がラインはきれいに出る可能性があります。

ただ、ツーサイズアップまでは考えていないため、体重を落とす方向で考えたいと思います。

こちらのLVC506XXです。

LEVI'S® VINTAGE CLOTHING 1936モデル TYPE I トラッカージャケット RIGID - リーバイス公式ストア

 

ボトムスはLVCの1947モデルです。

こちらの記事でセットアップ方法を紹介しています。 

archipelago.mayuhama.com

  

 LVC506XX(36)はまだ水通ししていないので、同サイズの古着です。

リーバイス 506XX(36)のサイズ感(参考) 

リーバイス 506XX(36)のサイズ感(参考)1

シンチバックが針付きの時代のものですが、肩幅42、身幅50、裾幅40、着丈55、袖丈59となります。

 

この506XXを着用した状態です。

リーバイス 506XX(36)のサイズ感(参考)1

ジャストですと、着丈がベルト位置ぐらいにきます。

すっきり着れる状態から5㎏程度オーバーしていますので、多少きつめになります。

 506XXはボディの裾幅がタイトにつくられているため、サイズアップするか体重を落とすかして着る必要があるのではないかと思います。 

 

リーバイス506XX(針付き)とリーバイス501XX(革パッチ・片面)とジャックパーセル

 47モデルとあわせたコーデです。

ストレート感が強いため、丈短めであわせています。

 

リーバイス LVC507XX復刻のサイズ感

リーバイス LVC507XX(36)のサイズ感 

リーバイス LVC507XX(36)のサイズ感1

リーバイス LVC506XX(36)の水通し後のサイズは、肩幅44.5、身幅52、裾幅46、着丈56.5、袖丈58となります。

今後、洗濯をするともう少し縮むかもしれません。

 

このLVC506XXを着用した状態です。

リーバイス LVC507XX(36)のサイズ感2

507XXの場合は、36でも身幅も裾幅もあるため、ジャストで着れます。

ただ、サイズを上げた方がすっきり着れる感じもします。

これはホワイトオークですが、現在は、カイハラ生地に切り替わっています。

LEVI'S® VINTAGE CLOTHING 1953モデル TYPE II トラッカージャケット RIGID

 

 ボトムスはLVCの55モデルです。

こちらの記事でセットアップ方法を紹介しています。 

archipelago.mayuhama.com

  

 LVC506XX(36)はまだ水通ししていないので、同サイズの古着です。

リーバイス 507XX(38)のサイズ感(参考) 

リーバイス 507XX(38)のサイズ感(参考) 1

 革パッチ時期のものですが、肩幅46、身幅53、裾幅46、着丈55.5、袖丈59となります。

サイズは36とあまり変わらないんで、けっこう縮んでると思うんですが、つくりが36よりは大きいので、元は38と判断しています。

 

この507XXを着用した状態です。 

リーバイス 507XX(38)のサイズ感(参考) 2

セカンドは、身幅と裾幅があるため、ワンサイズあげるとすっきり着れます。

 

袖をまくるともう少しすっきりします。

リーバイス 507XX(38)のサイズ感(参考) 2

インナーを裾出しすると、コーデの自由度はあがります。

ボトムスはLVC47モデルです。

 

リーバイス LVC506XX復刻(38)のエイジングレポート

 リジッドから3週間ぐらいの状態

リーバイス LVC506XX復刻(38)のエイジングレポート1

デニムジャケットは、3週間程度着た状態では、ほとんど色落ちはないですね。

 

リーバイス LVC506XX復刻(38)のエイジングレポート2

よく擦れる部分が少し落ちてきたぐらいです。

506XXの復刻は、バレンシアの時はかなりぶ厚い生地ですが、時代考証が進んだのか、ホワイトオーク、カイハラで生地は薄くなっており、その分、色落ちはしやすいのではないかと考えています。

 

 リジッドから4週間ぐらいの状態

リーバイス LVC506XX復刻(38)のエイジングレポート3

4週間程度着用した状態では、全体的な見た目は同じですが、パッカリングが入った部分の擦れが多少進行しています。

下は、実際のヴィンテージの古着ですが、ファースト特有のウネウネが少し入っているのが分かるかと思います。

 

4週間ぐらい着用した状態です。

リーバイス LVC506XX復刻(38)のエイジングレポート4

ボトムズは、同じカイハラの1944モデルです。

 

この LVC506XX復刻(38)のセットアップ方法です。 

archipelago.mayuhama.com

 

 

 

リーバイス LVC507XX復刻(36)のエイジングレポート

リジッドから2週間ぐらい着用した状態 

リーバイス LVC507XX復刻(36)のエイジングレポート1

 こちらも、2週間程度着た状態では、ほとんど色落ちはないですね。

 

リーバイス LVC507XX復刻(36)のエイジングレポート2

上のファーストと同じ部分ですが、生地が厚いため、まだ、びくともしていません。

3週間ぐらい着用した状態です。

リーバイス LVC507XX復刻(36)のエイジングレポート3

3週間ぐらい着用しますと、身体になじんできたような感じもします。

ボトムズはホワイトオークの1955モデルですが、こちらは4ヶ月程度着用しましたので、色落ちが進んでいます。

 

この LVC507XX復刻(36)のセットアップ方法です。  

archipelago.mayuhama.com

 

 

 

 関連記事  

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

  

archipelago.mayuhama.com

    

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

 

archipelago.mayuhama.com

  

archipelago.mayuhama.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク