アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

ユニクロ2018春夏ベストバイ / 白シャツ・白Tシャツ・デニムジャケット・ジーンズ編

スポンサーリンク

ユニクロの2018春夏物のベストバイを紹介します。着回し率の高い白シャツ、白Tシャツ・デニムジャケット・ジーンズの定番的アイテムになります。

目次 

 

ユニクロの白シャツ2018春夏ベストバイ 

白シャツのベストバイは、カジュアルシャツのオックスフォードボタンダウン白シャツになります。

ユニクロの白シャツ2018春夏ベストバイ

出典:ユニクロ|オックスフォードシャツ(ボタンダウン・長袖)

選定理由としては、好みがあるごわごわ感の生地を発売当時からキープしていることです。ライバル商品として、無印良品のオックスフォードボタンダウンシャツがありますが、無印に比べて、ゆったりつくってありますので、リラックスしたい時にぴったりです。ピンクもおすすめです。

ユニクロ|オックスフォードシャツ(ボタンダウン・長袖)|MEN(メンズ)

 

季節的には、ユニクロのプレミアムリネンシャツもかなりよく出来ていますので、一度、チェックしてみるのもおすすめです。

参考:2018年はユニクロのプレミアムリネンとリネンコットンシャツの仕上がりが素晴らしい / おすすめカラー

 

これまでの白シャツのレビュー記事になります。

白シャツ関連記事

  ユニクロと無印良品の洗いざらしのオックスフォードボタンダウンシャツは両方ともよく出来ていて似ていますが、スタイルの違いもあります。ディテールの微妙な違いからくるスタイルの違いを比較レビューしています。

archipelago.mayuhama.com

 

 ユニクロの白シャツは毎年アップデートを行っていますが、第2ボタンをあけた時の句首まわりのラインは健在です。

archipelago.mayuhama.com

  

 この記事ではユニクロユーのオープンカラーシャツのレビューをしています。ユニクロユーのオープンカラーの半袖は若干着丈が長い感じです。パンツインして着る場合には問題ないでしょう。

archipelago.mayuhama.com

  

 これは無印良品のボタンダウンシャツについてのレビューになります。

archipelago.mayuhama.com

  

ユニクロの白Tシャツ2018春夏ベストバイ 

白Tシャツのベストバイは、ユニクロユーのクルーネックTシャツの白になります。

ユニクロの白Tシャツ2018春夏ベストバイ

出典:ユニクロ|クルーネックT(半袖)|MEN(メンズ)
選定理由は、2018年は、世の中がコンサバティブな風潮が年々強くなっていますので、透けにくい白Tシャツという指標で選んでみました。

Tシャツの生地としては、マニアックな感じのする硬めの生地ですが、このアイテムがドセンターに来てしまったことで、女子もののユニクロユーのクルーネックTのように、もう少しソフトな生地にするのか、来シーズンもこのまま硬めでいくかはチェックしたいところです。

ユニクロ|クルーネックT(半袖)|MEN(メンズ)

 

これまでの白Tシャツのレビュー記事になります。

白Tシャツ関連記事

ユニクロと無印良品の透けにくいTシャツを比較した記事です。

archipelago.mayuhama.com

 

 ユニクロユーのスーピマコットンクルーネックTシャツをレビューした記事です。

archipelago.mayuhama.com

 

白Tシャツではありませんが、現在、定番的なTシャツとなったユニクロユークルーネックTシャツのレビューです。

archipelago.mayuhama.com

   

ユニクロのデニムジャケット2018春夏ベストバイ

 デニムジャケットのベストバイは、ユニクロノーマルのデニムジャケットになります。

ユニクロのデニムジャケット2018春夏ベストバイ

出典:ユニクロ|デニムジャケット|MEN(メンズ)

これまでのデニムジャケットは、タイトなサイズを選ぶとつっぱり感という課題がありましたが、ユニクロのデニムジャケットはストレッチ素材を使うことでその課題をクリアーしています。また軽く作られているので軽快に着ることができます。

また、生地には、アメリカの筆頭デニム生地メーカーであるコーンミルズ社のストレッチデニムを使用しています。

デニムジャケットが最初の場合は、濃紺を買うとこれまでのアウターの延長で着ることができます。イメージを変えたい場合は薄紺になります。

夏に向かう季節ですと、肩から羽織るような着方も多くなるため、薄紺が爽やかなカラーになります。

ユニクロ|デニムジャケット|MEN(メンズ)

 

これまでのユニクロのデニムジャケットのレビュー記事です。

デニムジャケット関連記事

archipelago.mayuhama.com

 

ユニクロ×JWアンダーソンのデニムジャケットのレビュー記事です。JWアンダーソンのデニムジャケットはかなり重厚な仕様になっています。

archipelago.mayuhama.com

 

 

 

ユニクロのジーンズ2018春夏ベストバイ

 ジーンズのベストバイは、ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズになります。

ユニクロのジーンズ2018春夏ベストバイ

出典:ユニクロ|ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

別の記事では、スリムフィットのリジッド(生デニム)タイプを選んでいますが、定番ということで、黒にしています。黒のスリムなジーンズを1本持っていますと、かなり便利なんですね。裾はロールアップせずにジャストレングスで仕上げて、気分でロールアップしてアンクル丈、クロップド丈にするのがいいのではないかと思います。

欠点としては、コーデがしやすいので黒のスリムなパンツばかりを履くようになってしまうことです。

ユニクロ|ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ|MEN(メンズ)

足の細い方はスキニーでも、現在のファッションの傾向ではいいのではないかと思います。 

ユニクロ|ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ|MEN(メンズ)

  

これまでのユニクロジーンズのレビュー記事です。

ジーンズ関連記事

スリムフィットジーンズの記事です。スリムジーンズの歴史として、パンクや1980年代のリーバイス501のカスタマイズやエディ・スリマンにも触れていますので内容的にはかなり長くなっています。

archipelago.mayuhama.com

 

1シーズン前のダメージジーンズのレビューです。現在は穴あきタイプは見かけなくなりましたが、かなり丁寧につくられるようになっています。

archipelago.mayuhama.com

 

ユニクロではありませんが、もっともオリジナルなジーンズ、リーバイス501のレングスについての記事です。 

archipelago.mayuhama.com

 

基本アイテム関連記事

archipelago.mayuhama.com

 白ものの定番的アイテムにはGショックがぴったり似合います。

 

archipelago.mayuhama.com

 まだプレミアがついていて買えませんが、落ち着いたら、新しく発売されたGショック・オリジンのシルバーモデルもいいです。

 

archipelago.mayuhama.com

 腕時計としては、Gショックのシルバーモデルとソニーのwena、そしてアップルウォッチが新定番的アイテムになるのではないかと思います。

 

トップページ

 

スポンサーリンク