アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

リーバイス LVC506XX(ファースト)と507XX(セカンド)復刻のサイズ感とエイジングレポート

リーバイスのファースト(506XX)とかセカンド(507XX)は、もともとは作業着としてつくられたために、ジーンズよりサイジングが難しいところがあります。 また、特にファーストの古着は高価で、個体差もあり、通常は、サイズやシルエットを細かく分析するほど集…

Amazon オーディブルのオーディオブック5選 / 1ヶ月無料キャンペーン

いよいよ4月7日に緊急事態宣言が出されるということで、外出する機会は減っていくのではないかと思いますが、個人的には、この機会に読みたかった本を読んでみようと考えています。 現在は、紙の本だけでなく、Amazon オーディブルといった朗読された本もよ…

今年買ってよかったものベスト5【2019版】リモワのスーツケースなど

2019年に買って良かったものベスト5です。 今年は、ライフスタイルに関わるものが多くランキング入りしました。ライフスタイルを少し見直してみようと思ったんですね。 では、今年買ってよかったものベスト5です。 目次 1位 リモワのスーツケース(機内持…

リーバイス501 最初のセルビッジデニムはどれを選ぶか / MADE IN THE USA リジッド

リーバイス501には、米国流通モデルと言われるレギュラーやLVCと言われるリーバイスビンテージクロージングなど、たくさんのモデルが販売されています。 そうしたモデルには、セルビッジという旧式の織機でおられた生地のモデルがあります。 このエントリー…

リーバイス501 LVC1944モデルをリジッドから履いてみた / カイハラの大戦復刻モデル(感想・レビュー)

LVCの1944大戦モデルは、リーバイスによって再現される生地に興味があります。 ヴィンテージの大戦モデルと比べてどうかというより、リーバイスがどのように復刻したかという視点になります。 リーバイスは、本物のアーカイブ(収集品)や仕様を持っていますの…

リーバイス506XX LVCを1サイズアップでリジッドから着てみた / カイハラのファースト復刻(感想・レビュー)

LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)では、現在、ホワイトオーク生地とカイハラ生地の両方の506XXファースト復刻が買える状態が続いています。 506XX LVCの個人的なサイズ感としては、36インチがジャストかやや小さめで、38インチだと1サイズアップに…

リーバイス Made & Crafted×ループウィラーのTシャツ・トラッカージャケット・スウェットの感想・レビュー

9月7日に、リーバイス メイド & クラフテッドとループウィラーのコラボが発売されました。 ループウィラーは、旧式の吊り編み機を使ってスウェットなどをつくっているメーカーですが、創立20周年ということでのコラボなんですね。 ループウィラーの公式サイ…

ユニクロ×エンジニアド ガーメンツ2019FW フリースコンビネーションジャケットはパタゴニアチューンドか(感想・レビュー)

10月12日に、ユニクロ×エンジニアド ガーメンツの2019FWとして、フリース製品が発売されたましたが、初日の閉店間際に行ってきました。 こちらがユニクロ ガーメンツの公式ページです。 UNIQLO and Engineered Garments 2019 フリースコレクション なんやか…

ユニクロユー2019FWはフリースシャツジャケット×クルーネック長袖Tの一択買い?(感想・レビュー・着こなし)#ユニクロU

ユニクロユーの2019秋冬が、9月30日に発売されました。 このブログでは、これまで、発売日最速でレビューしてきましたが、最近は遅れ気味です。 遅れ気味の理由としては、ユニクロユーのデザインが、最近は、若向けになっているんですね。アウター類のあの襟…

リーバイスLVC501カイハラのインプレッション【1944・1966・1976】ホワイトオークと比較してみて

2018年12月に、ホワイトオーク工場は閉鎖され、リーバイスLVCのホワイトオークモデルの生産は終了し、 だんだんとカイハラモデルに切り替わっています。 ホワイトオークはサイズがないものが多くなっていますが、現在は、ホワイトオークとカイハラの両方が買…