読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーキペラゴを探して

archipelago - 群島、島嶼、多島海、そのニュース。 脱領域への考察と情報

ホテルの朝食会場でポーク玉子おにぎりを自作する夢を見た

雑文2

今週のお題「年末年始の風景」〈今週の一枚〉 

f:id:nobujirou:20150104000221j:plain

私には夢がある。  

いつの日か朝食バイキング会場で和食と洋食の境界がなくなり
ひとつのテーブルに並ぶ日のことを  

私には夢がある。 

いつの日かあらゆるホテルの朝食会場に
ウチナーのソウルフードが並ぶ日のことを  

今、ポーク玉子おにぎり*1の具材である海苔と白米は和食のコーナーに
ポークと玉子は洋食のコーナーに厳然と隔てられている。 

今、私はこの朝食バイキング会場で和食と洋食の食材の垣根を取り払い
ポーク玉子おにぎりを自作しよう。

和食の食材と洋食の食材が私のテーブルで出会い
本当のソウルフードになるのだ。 

和食と洋食が隔離されたこのくそつまらない朝食会場に
爽やかな一陣の風が吹くだろう。 

退屈そうな子ども達が目を輝かせながら私のテーブルで
ドリームが生れる瞬間を見ている。 

これが私の希望なのだ。

大人から奇異な目で見られても
ホテルからいいかげんにしてくださいと注意されても
さりげなく挟まれたアンダンスー*2が和と洋を結びつけるのだと信じて

だからいつの日か朝食会場にポーク玉子おにぎりが並ぶ日まで
私は繰り返し繰り返しホテルの朝食会場でポーク玉子おにぎりを自作しよう。 

これが私が夢見るオキナワン・ドリームだ。  

 

 朝食会場でペチペチペチと生まれたばかりの赤ちゃんから喝采を浴びたところで目が覚めた。

これが2015年の初夢。 

 

*1:ポークと玉子が入った沖縄のおにぎり。通称おにポー。

*2:沖縄の油みそ。味噌を豚のラードで炒めたもの。

スポンサーリンク