読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーキペラゴを探して

archipelago - 群島、島嶼、多島海、そのニュース。 脱領域への考察と情報

京都の枯山水 私選ベスト7 & 申し込んでも見たい京都の名跡ベスト3

京都でおすすめの枯山水、禅庭、名園の紹介記事です。申し込まないと見学できないおすすめ名跡も紹介しています。

京都でもこってりを食べたい / 団栗橋界隈で考える京都案内

京都でもこってりが食べたい。わかります。わかります。そんなあなたに、団栗橋界隈を起点として、5つのこってりを紹介しましょう。 団栗橋は四条大橋から南にひとつ目の橋。団栗橋界隈は、人がわりと少ないエリア。ここに比べて、先斗町、木屋町、祇園の多…

部族を考える現代的意味 /「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015」の見どころ、おすすめ

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015」の見どころ、おすすめ。今年のテーマは「TRIBE−あなたはどこにいるのか?」。(5月10日まで)TRIBE(部族)を考える現代的意味とは?

京都駅前ソウルフード案内 / 「ぶらり地元旅」 #地元発見伝

京都駅から少し歩けば、東寺や水族館があるものの、京都駅直近には、これといった見どころがない。そのため、新幹線の出発時間まで、巨大な京都駅ビルや近鉄名店街で時間をつぶすことになる。しかし、B級グルメこてこて愛好家であれば、京都駅周辺を歩いてみ…

高倉健さんの指定席 / イノダコーヒ三条店

新しい景色を見たいと思う場合もあれば、そうでない場合もある。喫茶店は、後者である。同じ景色を見るために、同じ店に通い続ける。シアトル系とかスペシャリティの店にも行くが、どちらかというと、昔ながらの喫茶店の方が好きだ。京都ではイノダコーヒ三…

京都人の心の隅をつくデザイン / ポール・スミス

三条通りを歩くと、ポール・スミスがある。町屋を改造した店舗であるが、ひねりの利いたデザインとなっている。ポール・スミスのディレクションによるリノベということだ。外見からでも、かなりつくりこんだインテリアの本気度が分かる。 奇抜かと言うと、そ…

サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都

本屋のレジ前のワゴンに、内田樹氏の『疲れすぎて眠れぬ夜のために 』という文庫本が積まれているのを見た。大分前の本だと思うが、時節柄、売れているのだろう。ポップに「ワンランク下の自分に」と書いてある。中身はまだ読んでいないが、このコピーだけで…

京町屋と調和する宿泊特化型ホテル / 三井ガーデンホテル京都新町 別邸

烏丸通から蛸薬師に入り、新町のあたりを歩いていると、えっ、こんな所に、と思う場所にホテルが出来ていた。サインには、三井ガーデンホテル京都新町 別邸と書いてある。名前から漂う気合が香ばしい。低層部は町屋風、上階の客室部分はコンクリート打放し風…

イノダコーヒのデフォルト / 砂糖ミルク入り

最近はイノダコーヒの三条店で飲むことが多い。100mも離れていない場所に1940年から続く本店がある。写真は本店。 三条店にはラウンドのカウンター席がある。ドーナツ型のカウンターの中で年季の入った方々がシュンシュン沸いたポットでコーヒーを淹れてい…

ザ・リッツ・カールトン京都の秘密-ピーター・レメディオス

ザ・リッツ・カールトン京都と内装デザインを担当したピーター・レメディオスについて

スポンサーリンク