アーキペラゴを探して

ファッション、旅、ライフスタイル、建築、レビューのブログ

ZOZO vs ユニクロ・スーピマ白Tシャツ対決はゾゾPBに軍配か?【注目の初対決】

ユニクロのスーピマコットンのクルーネックTシャツは、世間的に高い評価をされています。出た当時は、スーピマ(最高級の綿)で1000円か!みたいな驚きがありましたが、この価格帯のスーピマもだんだんと増えてきていきます。 最近、ZOZOがプライベートブラ…

ユニクロのスリムフィットダメージジーンズが最強である7つの理由【2018年版】

ユニクロのジーンズは絶えずアップデートされている。 最近、ユニクロのスリムフィットダメージジーンズを店舗でチェックしてびっくりした。以前より格段に進歩していたのだ。 このエントリーでは、ユニクロのスリムフィットダメージジーンズが最強であると…

ZOZOスーツで計測して頼んだTシャツとジーンズが微妙だった件【ZOZOSUITの感想・レビュー】

ゾゾスーツで計測して頼んだTシャツとジーンズが届きました。 このような立派な箱でZOZOオリジナルのTシャツとジーンズは届きます。早速レビューしてみましょう。 目次 ZOZOTシャツのサイズ感に違和感はなかった ZOZOジーンズの丈はかなり短かった ZOZOジー…

はじめてのリーバイス501 / おすすめのLEVI'S 501・501DAYリミテッドエディションもチェック

リーバイス501はわかりやすい面とわかりにくい面があります。 わかりやすい面というのはすべてのジーンズのオリジナルであり原点であるという点ですね。わかりにくい面というのは、リーバイス501自体がひとつのジャンルとなっていて、その全体的な分類やカテ…

【クールビズ対策】ポロシャツのベストの着丈を検証 / ユニクロと無印良品のポロシャツもチェック

ポロシャツの着丈に頭を悩ませる人は多いのではないかと思います。ポロシャツの重要問題は、着丈につきると言っていいかもしれません。 最近話題のZOZOSUITでもポロシャツのベストの着丈を即答するのは難しいと思います。 カジュアルに着るポロシャツの着丈…

ユニクロ2018春夏ベストバイ / 白シャツ・白Tシャツ・デニムジャケット・ジーンズ編

ユニクロの2018春夏物のベストバイを紹介します。着回し率の高い白シャツ、白Tシャツ・デニムジャケット・ジーンズの定番的アイテムになります。 目次 ユニクロの白シャツ2018春夏ベストバイ 白シャツ関連記事 ユニクロの白Tシャツ2018春夏ベストバイ 白Tシ…

ユニクロのスリムフィットジーンズの正統性を論じようと思う / パンクと1980sとリーバイス501CTの考現学

ワイドパンツがかすかに流行の兆しを見せるなかで、スキニーでもなく、レギュラーフィットでもなく、スリムフィットを論じてみたいと思う。 なぜスリムフィットなのか? それはパンクロックやエドウィンのロンドンスリムや1980年代のリーバイス501のカスタマ…

ユニクロとJWアンダーソンのデニムジャケットをユーザー目線で比較してみた(感想・レビュー)

4月20日にユニクロとJWアンダーソンの2018春夏コラボが発売され、22日にユニクロ店舗にチェックに行ってきました。 デニムジャケットの実物を見て買うことにしました。一見、ユニクロのノーマルのデニムジャケットと似ていますが、まったく違うと思ったから…

ユニクロと無印良品の透けない白Tシャツ徹底比較 【2018年最新版】

雑誌やメディアの記事を読むと、透ける白Tシャツをおすすめとして紹介していることがあります。街場でヒアリングしたところ、清潔感を好む日本では、成人男子の透けるTシャツはご法度という感触を得ました。さわやかな季節にまぶしいぐらいの白Tシャツを着…

パーカージョッターの「新発売 替芯ジェルペン(水性)」はサラサラ書けてストレスフリー

パーカーからジョッターのジェル替芯がこっそりと新発売されています。 ハンズやアマゾンで買えますが、この書き味が実にサラサラ書けて気持ちいので、簡単に紹介します。 目次 ジョッター ボールペン(油性)の課題 ジョッター ジェルペン(水性) パーカー…

現実的でお得なゴールドカードを検証してみた / dカード、JAL、アメックス、高島屋を経験をふまえレビュー

ゴールドカードのメリットというのは、自動的に付帯する海外旅行保険だと思う。ゴールドカードを持っていれば申し込まなくても強制的に入ったことになるんですね。やはりこれが大きい。何があるかわからないですからね。 海外旅行にあまり行かなない場合でも…

リーバイス・ビンテージ・クロージングのファーストモデルを30年後にレビューする / LVCの歴史と世界観

リーバイス・ビンテージ・クロージング(以下、LVC)の歴史は、個人的なエクスペリエンスからはざっくりと3つの時期にわかれるんじゃないかと思う。もちろん個人的な見方だ。 LVCの3つの時期に対応する製品を左から並べてみた。 第1期は1987年頃の黎明期…

最高の白TシャツはユニクロユーのスーピマコットンクルーネックT・おすすめの透けない白Tシャツ

白Tシャツの本質のひとつは、清潔さになりますが、最高の白Tシャツは2つの観点で評価されると考えています。 お洒落な白Tシャツと透けない白Tシャツです。現時点では「お洒落」と「透けない」は、相反する条件であり、この2つの条件を分けて考えることがリー…

【特報】GショックのアイコンDW-5000のステンレス製フルメタルモデルGMW-B5000発売

Gショックの特報です。Gショックの原点でありアイコンであるDW-5000のステンレス製フルメタルモデルが4月13日に発売されます。 出典:GMW-B5000 - G-SHOCK - CASIO これはかっこいいですね。腕時計の新定番となりそうな感じです。 型番は、GMW-B5000となって…

ユニクロ×JWアンダーソン2018春夏のコレクションテーマ / ブライトン・ビーチとサブカルチャー

4月20日にユニクロとJWアンダーソンの2018春夏が発売されます。 ユニクロのいろんなアイテムを購入してきましたが、結果的によく買ったのは、JWアンダーソン・コラボでした。 これがJWアンダーソン2017秋冬で買ったアイテムです。小技がきいていて洒落ていた…

オメガ シーマスター200をハードユースしてきた / ジェラルド・ジェンタのデザインとOMEAGAの本質

リーマンショックのあった2008年以降はGショックをつけることが多いですが、実際に、アジアを放浪したり、海に潜っていたりした時につけていた時計はオメガです。 オメガのシーマスターをアウトドアでかなり酷使してきましたが、結果としてついてしまった傷…

アンティークのロレックスをヌメ革ベルトでカスタマイズする / 英国仕様のROLEX デニソンケース

ロレックスは今日もヴェッキオ橋で手堅く商売をしています。 手堅いというのはこうしたショップには白衣を着た時計師が常駐していることが多いからです。 ヴェッキオ橋ではもとは食品が売られていましたが、橋の最上部を通るメディチ家が宝飾品を売りなさい…

アイフォン7とリコーGR IVの描写力対決 / 旅行先で実際に検証

旅行に持って行くカメラは、アイフォンだけでいいのではないか? その疑問を明らかにすべく実際に検証してみた。 方法的には、アイフォンとGR Ⅳの両方を旅行に持って行き、同じアングルを写すという簡単なものだ。 左がアイフォン7で、右がGR IV(正式名称:…

大阪出張で食べたいおすすめ定番・名物ランチ(その1)

大阪出張で食べたいおすすめの定番・名物ランチを紹介します。ビジネスで訪問することの多い北区・中央区・西区編です。かなり厳選した内容です。(みみう以外は1000円以下のメニューです。) 目次 カレー・ラーメン インディアンカレー せんば自由軒 揚子江…

リコーGRを旅行に持って行くべきなのか / スマホカメラではダメなのか

リコーGRなどのコンパクトデジタルカメラを旅行に持って行くべきなのか。アイフォンのカメラだけではダメなのか。 このエントリーでは、この悩ましい問題を検証したいと思う。目次 リコーGRとアイフォンのざっくりすぎる比較 画素・サイズの比較 カメラによ…

ソニー wena wrist 最新型の理想のヘッドを検証 / シリーズ3を凌駕する最強のスマートウォッチとは

スマートウォッチのブラッシュアップに磨きがかかってきています。 ソニーの新製品は発売される度に購入したりチェックしたりしてきましたが、wena(ウェナ)の最新型が出ていたことは最近気づきました。 このエントリーでは、wenaの改良点とwenaにマッチす…

セイコー56系ロードマチックをナイロンベルトでカスタマイズする / 素晴らしきSEIKO5ワールドへ

セイコーのロードマチックのブレスレットをようやくナイロンベルトにつけかえました。 このエントリーでは、時計ベルトのつけかえ方やセイコーウォッチのベルトつけかえによるカスタマイズの世界を紹介します。 目次 セイコー1969年製ロードマチックのデザイ…

岡崎京子原作の映画「リバーズ・エッジ」誰がうまく語れるのだろうか / 小沢健二「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」 

2月16日に岡崎京子原作の映画「リバーズ・エッジ」が公開されるという。 映画『リバーズ・エッジ』公式サイト スター・ウォーズを見て、館内を出ようとすると、貼ってあったポスターに釘付けになった。 「リバーズ・エッジ」を語ることは難しい。 自分の部屋…

ユニクロU クルーネックTのタイムレスな魅力 / セイコー1960sロードマチックの質感にも見事にマッチ

このエントリーでは、ユニクロユー クルーネックTの特徴とタイムレスな魅力をレビュー形式で紹介しています。 目次 1960sロードマチックとクルーネックT ユニクロUのクルーネックT(レビュー・感想) グッチのTシャツと比較 バナリパのTシャツとの比較 ハブ…

洋服ブラシ&ヘアブラシのおすすめ / 素晴らしきブラッシングの世界へ

このエントリーでは、ほこりやちりをきれいに払い、ウールやニットの毛並みをそろえる洋服ブラシの世界を簡単に紹介しています。 ブラッシングには、ちりやほこりを払うだけではなく、洋服を長持ちさせる効果もあります。 また、洋服をブラッシングして艶出…

コンパクトでスタイリッシュな財布選び / ルイ・ヴィトン、イルビゾンテなど実用面から使いやすいサイズを検証

モノは使いこむことを信条としています。 財布も消耗品に近いと考えますので、やはり使いこむ傾向があります。 ただ、財布選びに失敗すると、日常的に使いこむことが難しくなりますので、慎重に選ぶことが重要となります。 コンパクトでスタイリッシュな財布…

ユニクロユー2018新作の感想・レビュー・おすすめ / ルメールらしい春夏カラーとシルエット

本日、1月26日からユニクロユー2018春夏コレクションが発売されています。午後から早速店舗にチェックに行ってきました。 全体の印象としては、春夏カラーの発色がきれいです。シルエットも全体的にルーズで、トップスはやや大きめのシルエット、パンツはワ…

GUのベイカーパンツにドハマリ。世界的なワイドパンツ流行の兆しを感じた(感想・レビュー)

ベイカーパンツがお洒落である。しかも実用的なのもいい。 GUが出しているのは、ワイドベイカーパンツ。世界的なワイドパンツ流行の中でも、揺らぐことなくベーシックなラインを守り続けている。ユニクロで言えば、ビンテージチノのようなアイテムになるかも…

GUのデニムウエスタンシャツはコスパ最高の隠れた名品

ひさしぶりにリジッド(生デニム)のジーンズの色落ち実験をしてみたいと思った。しかし、手元には育成中のジーンズがたくさんあり、新しいジーンズに手を出す余裕はなかった。 そこで、デニムシャツならいけるだろうと、GUのウエスタンシャツのリジッドに近…

ユニクロと無印良品のオックスフォードボタンダウン白シャツを比較した結果

ユニクロと無印良品のオックスフォードボタンダウン白シャツは、一見よく似ていますが、比較してみますと、明らかに違うことが分かりました。 ユニクロの方が着丈が長くパンツインの着方に適していて、無印の方が着丈が短く裾出しの着方を意識してつくられて…