アーキペラゴを探して

archipelago - 群島、島嶼、多島海、そのニュース。 脱領域への情報と考察



ユニクロ&GUフランネルシャツ 選び方のポイント・チェックシャツ2017

チェックシャツには、色んな素材のシャツがありますが、秋冬は着て暖かいフランネルのチェックシャツがメインになります。ネルシャツですね。 今期、ユニクロのフランネルシャツがチェック柄の充実度において格段の飛躍を遂げました。種類が多過ぎてどれを選…

ユニクロ2017版 ヒートテックで全身フル装備。頭からつま先まで

ヒートテックアイテムが年々充実してきています。帽子からくつ下までヒートテック製品で揃えることで隙のない防寒対策が可能となります。2017年のヒートッテックアイテムのラインアップを頭からつま先に至るまで紹介したいと思います。 目次 ヒートテックニ…

ファンも悶絶。スター・ウォーズの新作「最後のジェダイ」を見る準備はできたか・見どころとポイント10選  

誰にでも直視できない問題がある。避けては通れぬ苦しみと言っていいだろう。できれば避けて通りたい… 避けては通れぬ映画がまた始まる スター・ウォーズの新作は、避けては通れぬ問題を直視する方法を教えてくれる映画なのかもしれない。 重く陰鬱なジェダ…

ユニクロのモックネックとタートルネックの機能性、合理性、快適性を知っているだろうか / フリース・ヒートテック・エクストラファインメリノ

モックアップネックやタートルは、一度着てしまうと手離せなくなるアイテムですよね。冬に着ていると、首のまわりが暖められてとにかく心地良いのです。喉や風門をしっかりガードしますので風邪を予防する効果も抜群です。 そんなモックアップやタートルのユ…

京都で坐禅体験 一泊二日の旅 & 全国の座禅のできるお寺

京都で座禅体験のできるお寺を12箇所選んでみました。 1~2時間で終わるプログラムもありますので、京都へ一泊二日の小旅行に組み入れることもできます。欧米系トラベラーも京都への旅に座禅体験を取り入れることが増えてきました。うまくプランニングし…

ユニクロ2017 暖パンの購入ポイント / 3つのタイプに注目

2017年、ユニクロの暖パンが3つのタイプにカテゴライズされ分かりやすくなりました。 暖パンには、ヒートテック、防風パンツ、それ以外(裏ボア等)の3つの種類があり、この3タイプの総称が「暖パン」ということになります。 暖パンはヒートテックとの併…

パーカー インジェニュイティを3年使った感想・レビュー / 奇跡の書き心地・改良型の今が狙い目

途中で書けなくなる筆記具にストレスを感じてきた。インクフローを何よりも重視しているので、万年筆でもボールペンでも水性ペンでも形式にはそれほどこだわらない。100%インクが出る。これが大事だと思う。パーカーから第5世代の筆記具が出ると聞いて即座…

ユニクロ ウルトラライトダウン カジュアル系基本コーデ・ レイヤード / マット色とミックスカラーのフリースがポイント

ウルトラライトダウンは、アウターとして着ても、インナーとして着ても、多様な着こなしができます、大きく分けて、カジュアル系のコーデとビジネス系のコーデがあります。 2017年になって、ウルトライトダウンにマット(艶消し)に近い仕様が増えたことで、…

GU 中条あやみインパクト・GU 男子ベロアアイテム

今シーズン流行のベロアという素材を考える上で、中条あやみさんを避けて通ることはできないだろう。中条あやみさんはGUのイメージキャラクターをしていて、モデルであり女優さんですね。*1 contents GU発 中条あやみインパクト 男子ベロアアイテム GU ベ…

2017秋冬 GUとユニクロの同アイテムを比較してみた・おすすめアウター

2017年グラフィック長袖Tシャツ対決。ユニクロのテーマはカリフォルニア・メモリーズ。対するGUはロック。 僕はGUのレッチリのロゴが入った長袖Tを買うことにしました。袖に入ったレッチリのロゴが渋いです。 掟やぶりの比較? 路線の違うGUとユニク…

2017年 進化するユニクロ白シャツ おすすめ4タイプ + コラボもの白シャツ

おそるべきことに、ユニクロの白シャツは毎年アップデートを繰返しています。それは超定番を目指すために必要なプロセスと言うことができます。 ひと口にユニクロの白シャツと言っても、現在では多くの種類があります。ユニクロの店舗に行ってどの白シャツを…

ユニクロ エクストラファインメリノ最強伝説「まるでグッチのカシミアセーターのようだ」(感想・レビュー)

ユニクロ店頭で、何気に手に取ったエクストラファインメリノを試着してみると、グッチのカシミアセーターのようだった。 家で洗濯できるというのもうれしい。グッチのカシミアセーターを着て焼肉を食べるとどうしてもタレが飛ぶのが気になってしまうのだ。こ…

ユニクロ2017年版 ヒートテックの新作と展開 / シームレス仕様と超極暖に注目

新製品とアップデートが、毎年繰返されるユニクロ ヒートテック。2017年の新作と展開について整理してみたいと思います。 2017年新作としては、新たに「シームレスタイプ」が登場しました。 シームレスは首元廻りなどの縁が目立ちにくい仕様です。 2016年に…

ユニクロのデニムジャケットはGジャン入門の定番だと思う(感想・レビュー)着こなし・コーデ

ユニクロの店頭で、デニムジャケットに目が止まった。昨年とは、生地の風合いが違うからだ。調べてみると、リーバイスのヴィンテージに使っていたコーンミルズ社製の生地だった。 試着してみると、スタイルも申し分なく、買うことにした。何故そう思ったのか…

ユニクロ2017版 ウルトラライトダウンの購入ポイント / シームレスパーカーと新色に注目

一度着てしまうと、その軽さとコンパクトさから、新作が気になるウルトラライトダウン。今年は新たにシームレス仕様が発売されるということで、ポイントを整理してみたい。 ウルトラライトダウンには3つの種類がある。「ウルトラライトダウンコンパクト(か…

明石で明石焼きを食べる / B級グルメと銭湯

B級グルメの過度な摂取で、アレルギー体質になった。そのため、現在はふんだんに、B級グルメを食べることができない。 それでは時間があまるので、B級グルメの追求行脚では、風呂に入ることを自らに課している。マイ・ルールだ。風呂は、銭湯でも、温泉でも…

マルグリット・デュラス × 小泉今日子 / 「誰も知らない小泉今日子」

今週のお題「読書の秋」 デュラスへのインタビューが掲載され「マルグリット・デュラスの世界」という本。 本屋で 「誰も知らない小泉今日子」という雑誌をパラパラっと見て、その本を思い出した。 マルグリット・デュラスが、家について言及している本。人…

僕がHUBでビールを飲む理由

長年の放蕩を続けた結果、幾つかの食物と酒類にアレルギーとなった。こういうことがなければ、HUBでビールを飲むこともなかっただろう。 HUBのドラフト3/4パイント。一番搾りらしい。英国風パブなので、ギネスなど違う種類もあるがあまりこだわらない。アル…

POPEYEの「京都特集」はどうなのか。 / 2017年 京都案内

駅のホームにどーんと、ポパイの「京都特集」の広告が貼ってあった。 関西人なので雑誌の「京都特集」を買う必要もないのだが、本屋で手にとって買ってしまった。雑誌というのは、手に取ると買ってしまうように作られているからだ。 ポパイ7月号「お邪魔しま…

ユニクロのダメージジーンズが想像以上に良く出来ていた。

久しぶりにユニクロに行ったら、ひとつの店内広告に目が止まった。 「完璧なダメージをつくった。それは完璧よりも気分がいいから。」 このコピーに反応したのは、ダメージジーンズには一家言あったからだ。 ジーンズと言えばリーバイス501。つまり、僕の中…

南伝 相応部経典22 / 苦しみをなくす方法(2)の補足

「苦しみをなくす方法(2)」の補足です。 archipelago.mayuhama.com このエントリーに引用された経は省略された内容なので、省略されていない形を掲載してみたいと思います。 経を素読する意味というのは、ブッダの考えをそのまま脳にインストールすること…

苦しみをなくす方法(2)

このブログは基本的には「雑記ブログ」であるため、こうしたカテゴリーの内容を2回続けるのもどうかと思ったが、前回の内容をどうしても裏打ちしておかねばならないと思った。 前回の内容が頭に馴染んだことを前提で話を進める。 archipelago.mayuhama.com …

苦しみをなくす方法(1)

解脱は無理だったが、苦しみをなくす方法はある程度わかったのでシェアしてみたい。 正確には、「苦しみをなくす」というよりも「苦しみを少なくする」という表現になる。「解脱」したわけではないので、普通に暮らしていると何かに「執着」し「苦しみ」が生…

台湾特集の雑誌を見かけるとつい買ってしまう件

本屋で、台湾特集の雑誌を見つけるとつい買ってしまう。 近々に行く予定はなくても、つい買ってしまう。パラパラっと見てるだけで何となく楽しい。むかしは、香港とか沖縄がそうした対象だった。かの地で政治的な圧力が高まるとともに、無条件に楽しいという…

瞑想とマインドフルネスの違い

昨年、あるきっかけで、自分が輪廻していることに気づいてしまった。 たとえて言うなら、ヘッセのシッダールタの最後のページと同じ内容が見えてしまった。 彼の友シッダールタの顔がもう見えなくなって、そのかわりにほかのたくさんの顔が見えた。たくさん…

白黒フィルムを入れて宮島の大鳥居を見に行った

白黒フィルが1本あまっていたので、カメラを持って宮島と尾道に行った。大鳥居を白黒で撮ろうと思った。 少し前は、こうした時間が出来ると沖縄へ行った。桜坂にハイアットが出来たぐらいから那覇に行くことは少なくなった。沖縄一択というわけではなくなっ…

香港B級グルメ12連発(その2)

香港B級グルメ12連発の前半を書いた後で台湾に行った。 久しぶりの台湾は強すぎる親日ぶりも薄れ居心地が良かった。台湾よりも香港派だったのだが今では台湾からの引力を強く感じる。 その後は日本をぶらぶらしていた。山陽のロープウェーには3ヶ所も乗った…

また台湾に行こうと思う

台北には50ミリをつけたライカを持ってきた。 香港では丁度いい画角が台北では狭すぎる。43ミリをつけたペンタックスを持ってくれば良かったと思うも後の祭り。 台北に一週間近くいたのだけれども、シャッターをきったのは20回にも満たない。台北は18年ぶり…

香港B級グルメ12連発(その1)

むかしは面倒なのでホテルも予約したことはなかったし、ガイドブックを見るということもなかった。かといってゲストハウスで情報を交換するということもなかった。 自分が見たままの世界だけがひろがっていた。 今はホテルは予約するし、ガイドブックにも目…

アイデンティティの美学 / いつもの香港2

前に香港に行ったのは2006年だから10年ぶりになる。はじめて行ったのが返還前の1996年。ビザを取って香港から中国にも行った。 2006年頃の香港は中国に返還されて一国二制度とはいえ、アイデンティティに迷っているように見えた。自分の気分的な印象だったの…

スポンサーリンク